So-net無料ブログ作成
検索選択

MIXX度付きサングラス インプレ [日常]

最近、50-60kmのライドをした後、翌日に目やにがたくさんでて、痒くなったりして、不快な事に気がついた。元々花粉症で、しかも様々な花粉に反応するので、一年中何かしらトラブルがあり、気にしていなかったのだが、よくよく考えると、ちょっとおかしい事に気がつき、これは紫外線か風による乾燥が原因では無いかと思い至った。ド近眼のため、通常のサングラスは出来ず、度付きが必要になるのだが、以前メガネ市場で度付きのスポーツサングラスを作ったら、吐き気がするほど不快で、自分でレンズをまっすぐに直してしまった。そうなると、普通の眼鏡と同じ状態で、不快さは無くなったが、スポーツグラスの機能も無くなった。
こんな事があったので、もうスポーツサングラスはあきらめ、通常の眼鏡で乗っていたのだが、最近の目の不調が気になって、調べてみた。すると、MIXXというサングラスが、度付きなのに安くて、しかもゆがまないという事で、先日近所の眼鏡屋に買いに行った。いろいろ選択肢があったのだが、結局ブラウン系の偏光レンズにした。ミラーコートを付けた方が格好良いことはわかっていたのだが、視界が暗くなる事を避けて、コート無しにした。なぜか、割引中で、全部で23000円也。
で、1週間でできあがり、使ってみたのでそのご報告を。実は、眼鏡屋で、なぜこのサングラスは度付きでレンズを傾けてもゆがまないのかと聞いてみたところ、ただの非球面レンズなので、傾けてもゆがみにくいというだけで、特別な事はしていないとの事。つまり、ゆがむという。で、実際かけてみると、ちゃんと違和感があった。レンズが(多分他のサングラスに比べれば傾きが少ないのだろうが)傾いている分、普通のレンズとは違う見え方がした。以前、眼鏡市場で買ったものと同じ感じだ。違うのは、度の強さだ。年々老眼が進んでおり、それとともに視力が向上している。今は、-5度で通常の生活に困らない。眼鏡市場で作った時は、-7度だった。-5度でもかなりの近眼なので、おそらく世の中の多くの人はもっと弱い度の眼鏡をしているのだと想像される。それくらい弱くなれば、おそらくあまり気にならないレベルになるのだろう。しかし、-5度は、十分違和感を感じるレベルだった。何よりも、フレームの調整が一切出来ないというのが最大の欠点である。眼鏡のレンズは、上下左右の位置合わせだけでなく、各方向の傾きも調整の必要がある。しかし、このサングラスは、プラスチックのフレームで、変形が出来ない。(とのことだった)レンズの脱着は、暖めて行うということだったので、おそらく加熱すればフレームも少し調整できると思われるが、金属フレームの調整に比べると、激しく難しそうなので、断念した。
で、このサングラスをかけて、真正面を見ると、一応はっきり見える。問題は遠近感だ。妙に近く感じる。左右に目を動かすと、くらくらする。この状態で、通常の生活をすると、30分ほどで吐き気がしてきた。いわゆる眼鏡酔いだ。これは、スポーツサングラスに限らず、眼鏡の度を変えたりすると、普通に生じる事であるから、正常な事だ。このサングラスを常時使用するなら、この特性を学習させて、これが普通と感じるまで練習すればOKである。しかし、通常はもっとまともな眼鏡をかけるので、そうは行かない。
というわけで、非常に残念な思いで、眼鏡屋からの帰路についたのだが、帰路は自転車だったので、せっかくだからと、かけてみた。すると、確かに違和感は強いのだが、視力としては問題無く見える。しかもサングラスなので、まぶしさも防げる。しかも、スポーツサングラスなので、目のところに風が吹き込まず、快適である。こうなると、多少違和感があっても使ってみるかという気になる。
と、いろいろいきさつはあったが、2回ほどロングライドに使ってみた。まず、機能としては十分で、トンネルなどの暗いところでも問題無く、風や紫外線の影響を抑えてくれて、目のトラブルは解消した。見え方は違和感があるので、気分は悪いが、非球面レンズの効果なのか、妙にピントは良く合っていて、近くも遠くもよく見える。そう、3D映画を観ている感じである。それが違和感に拍車をかけている。そこで、考え方を変えることにした。普通の眼鏡をかけて自転車に乗っているのでは無く、特殊な3D映像を見て、自転車を操縦するゲームだと考える事にした。違和感のある映像だが、それもゲームの一部で、この違和感に打ち勝って、上手に自転車を操縦するのがミッションだ。とかいう感じだ。これが意外にうまく行き、80km程度のライドを何とかこなせるようになった。唯一の欠点が、偏光レンズだ。これは、水面の反射などを抑えるための機能を狙っているのだが、これが違和感を助長する。車のフロントグラスや、鉄のマンホールの蓋など、近づくにつれて角度が変化する様な反射物の見え方が、刻々変化する。まるでSF映画の出来の悪い特撮のような感じで、より現実感が無くなるのだ。というわけで、次回もう一度買うとしたら、偏光をやめて、ミラーコートを選ぶと思う。その方が格好良いしね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る