So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ

CRCでCUBE Analog 27.5" MTBをクリック [日常]

Chain Reaction Cycles.comでCubeの安売りをやっているという情報を得て、覗いてみたら、なんと50%OFFのものもあり、心を揺さぶられた。私はロードバイク乗りだが、女房が安いMTBを欲しがっていて、探していたのだ。この「安い」というところが重要である。彼女の「安い」の基準は、1万円のママチャリなので、2万円の自転車はもう「高い」のだ。この「安い」の定義を書き換えるのに、半年くらいかかった。最近ようやく、5万円の自転車は、まあまあ安いというレベルまでこぎ着けた。この程度の価格なら、サイクルベースあさひあたりで探せば、適当な自転車があるのだが、それではつまらないし、だいたい格好が悪い。CUBEは国内ではまだほとんど見当たらないメーカーで、希少価値があり、格好も好みだ。まあ、女房が乗る(はず)なので、私の好みは関係無いのだが、整備担当として多少の発言権はあるだろう。で、CUBEの50%OFFで47800円のMTBの登場で、購入意欲が湧いたと言うわけだ。実は送料が15000円もかかるので、決して「安い」わけではないのだが。本当はあと1万円出して、もう一つ上のランクを買った方が、パーツの質が良く、満足感が得られると思ったのだが、残念ながらそれは「高い」とのご判定であった。まあ、仕方あるまい。
なんだかんだで2日間ほど悩んだあげく、とうとうクリックした。それなりに人気だった様で、私がクリックした時には在庫多数だったのに、今はもう売り切れている。クリックしてからもう2日も経つのだが、一向に発送されない。おそらく組立が立て込んでいるのだろう。この大忙しの組立で、どれくらいのクオリティーで納品されるのか、ちょっと楽しみである。さて、GIANTストアよりもしっかりしているのか、いい加減なのか。
そういえば、先日GIANTストアにConductのエア抜きポートを聞きに行った際、入手した情報によれば、Contendのブレーキは組み上がった状態で納品されるようだ。そのため、店頭でConductを組あげる事はほとんど無い様だ。そのため、パーツの在庫も無いらしい。GIANTの自転車も台湾でかなりのところまで組み上げて発送されるというわけだ。で、時々海外仕様(右がリアブレーキ)のものが届くらしい。まあ、GIANTストアがひどいというよりも、GIANTがひどいということなのだろう。さて、CRCはどうか。いや、CUBEか?
早く届かないかなあ

2017.6.20 追記
昨日、ようやくCRCから発送した旨のメールが届いた。発注からちょうど一週間なので、まあ早くも遅くも無いというレベルだろうか。到着予定は23日だそうだ。DHLだ。なかなか豪勢な運送会社だが、バルクな割引料金での契約でやっているのだろう。自転車を国内で発送すると、同じく15000円くらいかかるので、北アイルランドから(発送元が実際にどこかは知らないが)、同じ金額でDHLが運ぶとは思えない。

そういえば、土曜日に上野のワイズロードに寄ってみたが、メーカーから送られてきたと思われる自転車の段ボール箱が路上にいくつも置いてあった。自転車屋でも結局は通販と似たような運送なんだろうなあと、興味深く見ていた。まあ、箱が思ったよりも小さいので、いわゆる7分組なのかも知れない。
そんな折、店の入り口では、お巡りさんに、「ここにこんなふうに自転車を停めて置いたんです」などと熱心に説明している人がいた。一説に寄れば、ワイズロード界隈は、自転車泥棒のメッカだそうだが、さすがに店頭の自転車ラックから持っていくとは、泥棒さんも熟練の技だと、若干感心した。一方、ワイズロードのウエア館から出て来た二人組は、二人分の自転車をワイヤーロックでまとめて路上に停めていたようだが、これは無事だったようだ。なかなか高そうな自転車を2台、よくそんな簡単なロックで停めて置くなあと、これまた感心した。
私はといえば、ロード用油圧ブレーキのスモールパーツは無いかなあと探してみたが、気配も無かった。やっぱり、マイナーな様だ。特にテクトロのパーツは国内での入手が難しいと、GIANTストアのおじさんが言っていた。アキコーポレーションから直接購入するしか無いとか。そんなパーツ、使うなよとか思うのだが。まあ、台湾仲間ということだろうか。私のConductは微妙に調子が悪い。まあテクトロだしなあという感じだ。詳しいレポートはまだ後日。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Defy内装ケーブルコネクタ自作とカラス [日常]

先週の土曜日は医者を予約してしまったので、自転車の整備をした。Conduct Diskブレーキを付けたため、ステムのところから2本の油圧ホースが出て来て、シフトケーブルと干渉しているためだ。前回、適当にとり回したのだが、ハンドルを切ると引っかかるようになってしまったので、修正を試みた。その際、ケーブルグリスの塗布や、すり切れたコネクターの修理等を一緒にやってみた。
ケーブルの内装は前回分解しているので、様子がわかっているが、それでもとっても面倒な作業だ。RDもFDもケーブルを外して、ライナーを通しながらインナーを抜くという作業をやるはずだったのだが、あっけなくリアのケーブルが抜けてしまい、青くなった。しかし、Defyの内装はライナーが抜けてもそれほど大変でなく、簡単に通す事ができた。実はダウンチューブ内のライナーも抜けてしまったのだが、これも簡単に復活した。そういう意味では、やりやすい構造だ。しかし、ヘッドチューブ部からシフトケーブルを入れるところにある金具が非常に具合が悪い。ダウンチューブの途中から入れれば良いものを、ヘッドチューブから入れるので、上に向かってかなりの角度が付いている。しかし、ハンドルバーは下げてあるので、そんなに上からの角度でケーブルを入れる事が出来ない。必然的に、この部分に力がかかり、ケーブルがねじれるし、金具の装着自体が大変になる。特に、金具から先がライナーになるのだが、そのコネクタが小さく、扱いにくいし、RD用はすり切れて無くなっていた。
そこで、今回、先人の知恵を借りて、シマノのシフトワイヤーのアウターケーブルを分解し、中から樹脂のチューブを取りだし、端をライターであぶって溶かし、広げてT字型にして、コネクターの代用品を作った。このチューブの直径はGIANTの純正品よりも太いので、使っていたライナーはささらないのだが、太いシマノのライナーならちょうどぴったりはまる。どうも、シマノのライナーはこの太さに合わせて作っているのではないだろうか。で、このT字型のチューブを金具にはめて、そこにシマノのライナーをつなぐと、非常に良い具合につながった。GIANTが使用しているワイヤーはジャグワイヤー製で、おそらくライナーも同じで、細めである。その太さに合わせて他のパーツができているので、シマノのライナーはきつくて通しにくいが、何とかはまった。おかげでライナーがきつくてずれないので、実はコネクターは無くても大丈夫な感じだが。
ライナーコネクタ.jpg
参考写真。小さなやつが、もともと付いていたコネクター。白いチューブは、わかりにくいが、左側をあぶってつぶしてある。これがぴったり収まった。

日曜日は、早朝5時からリンリンロードに出かけた。途中、眞壁付近のソーラー発電施設で、異様な音が聞こえて、Uターンした。その際その音の原因を撮ったのが、下の写真である。
crow.jpg
画質が悪くて申し訳ないが、ソーラーパネルの上で、カラスが小石を咥えては投げて、パネルのガラスが大きな音を立てていた。一度や2度ではなく、何度も繰り返していたが、突然周りで見守るカラスとともに飛び立っていった。何がしかたったのか、全くわからない。しかしカラス、頭が良いのか悪いのか、良くわからない鳥だ。まあ、その後、リンリンロードを占拠するかの様に、自転車と荷物を道路上に広げて置き、さらに寝っ転がってグターっとしている若者3人に出会ったが、その非常識さと意味不明の行動は、カラスとあんまり変わらないかも知れない。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

優先道路 [日常]

自転車通勤だが、なるべく一般道と交差しないようなコースを選んで走っているが、それでも何カ所か一般道を横切る必要がある。その際、親切なドライバーは私の自転車の横断のために、わざわざ止まってくれる。そんな時、実は私は心の中で舌打ちしている。いや、実際に舌打ちする事もある。

1997年にオックスフォードで開催された国際会議に家族同伴で出席した。その際、せっかくの左側通行の国なので、レンタカーでドライブしようと、国際免許を持参して行った。イギリスの道路は、完全に優先道路が決まっていて、優先権のある道路の車は一切譲ることが無い。優先権の無い側は、ひたすら道路が空くのを待つのであった。この明確な線引きが、何ともぎすぎすした感じがすると、最初は思ったのだが、しばらく走る内に、非常に走りやすいと感じる様になった。この優先権の設定は、自動車に限らず、歩行者にもあった様に記憶している。2本の道路が交差するところで、どちらの道路が優先であるかを明確に規定してもらうと、自分がどのように行動すれば良いのかわかりやすく、事故が起きにくいと感じた。一方、日本にも優先道路はちゃんと定義されているが、教習所で習うのは、譲り合いの精神だ。実際、どちらが優先なのか良くわからない交差点も多数あり、そういうところでは、臨機応変に譲り合って、事故が起きないようにしましょうと教えられる。しかし、どちらが優先なのかわからない状況で、譲り合うというのは実は結構難しい。交差点でお見合いになって、仕方なく自分が動くと、相手も動いたりして、ひやっとする事も多い。そんなとき、あのときのイギリスの様に、明確に優先権を設定してもらったほうが、運転しやすいのにと思う。
で、最初の自転車の話だ。自転車が路地から鼻を出せば、慎重なドライバーなら、止まって渡らせようと思うかも知れない。確かに、自転車を漕いだ状態で鼻を出して来れば、私も停止すると思う。しかし、自転車に気がついた時点で、すでに自転車が停止しており、片足をついて待機している状態なら、私は停止しない。たとえそこが横断歩道であっても、停止しない。いや、これが都内の交通量の多い道路であれば、また状況が異なるが、ここはつくばである。田舎道の交通量はたかが知れており、30秒も待てば、自動車の通行は途切れる。見える範囲で走っている自動車は1台だけという状況も珍しくない。当然自動車が走っている広い道路が優先道路であり、自転車が鼻を突き出している路地に優先権は無い。で、自転車もれっきとした車両である。この場合、自動車が自転車に道を譲る必要は無い。しかし、私の経験上、確率30%以上で、自動車は自転車の横断のために停車する。この行動は、交通弱者である自転車を保護しようとする意味では、好ましい判断で、優しいドライバーだと言える。しかし、これが意外に危険であることは良く知られている通りである。自動車が停止したため、自転車があわてて道路を横断しようとして反対車線の車にはねられると言う事故は珍しくない。実際、ひやっとする場面に遭遇した事が何度かある。だから、私は自動車が止まってくれても、あわてて横断する事はしない。というより、田舎では自動車は自転車を横断させるために止まる必要は無いと思っている。減速せずに通り過ぎてくれた方が、早く横断できるのだ。後続車が途切れなく続く事はあまりない。もちろん、大通りではひっきりなしに自動車が通るが、そういう交差点にはちゃんと信号機が付いているし、そんな交差点で止まってくれる自動車はいない。
自転車に乗っているのが分別の付かない子供なら、飛び出す可能性がゼロでは無いので、私も自動車を止めるかもしれないが、大人の自転車なら、道路の優先権を守って欲しいと願う。その方がずっとスムーズに流れると思うのだ。
今日も、3回ほど自動車が止まってくれた。いずれも、私の自転車は完全に停止しており、すでに片足をついている状態である。しかも自動車に後続車はいなかった。私の他に歩行者や自転車もいなかった。この状況で、なぜ自動車は止まるのか。しかも、止まった後、私に横断するようにジェスチャーで促すのだ。私の心はすさんでいるので、何か見下された様な気がして、非常に不快な気分になる。「善良なドライバーである私は、愚かな自転車が事故に遭わないように、親切にも停止してあげた。さあ、渡りなさい。そして私に感謝しなさい」と言っている様な気がするのだ(本当にすさんでいるなあ)。そして、あげくに舌打ちするのだ。なぜ、止まる?止まらずにそのまま行ってくれれば、私は何秒か早く道路を渡ることができたし、ドライバーのドヤ顔を見ることも無く、気分良く走る事ができたのに。
NEDOプロのキックオフミーティングの帰り道、そんな事を考えていた。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

凧で発電 [日常]

昨日の研究所見学でひときわ目を惹いたのは、TwingTecという会社である。これは、研究所がサポートしているベンチャーだ。ドローン技術で空に舞い上がり、凧の要領で風に乗り、風の力を受けて、地上の発電施設で発電するというものだ。この会社のCEOに説明を聞いた。この発電システムの良いところを、まるで映画のワンシーンのように語る様子は、ついつい聞き惚れてしまうが、冷静に考えれば突っ込みどころ満載の発明のような気もする。しかし、彼らもそんなことは承知の上だろう。それでもこの発電システムにメリットがあると考えているのだと思う。興味がある方は下記へ。YouTubeのムービーはそれなりに楽しい。
スイス発ベンチャーTwingTec
私は嫌いじゃない。ちなみに、機体はカーボンファイバー製。ロードバイクとほぼ同じものだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サンクトガーレンの研究所を見学 [日常]

今日はチューリッヒの研究所を見学した後、電車でサンクトガーレンの研究所に向かった。スイスの公共交通システムは非常に便利で、チューリッヒの研究所前のバス停から、サンクトガーレンンの研究所前のバス停まで、一枚のグループ切符で10名が移動できる。事前に購入しておいていただいたようだが、日本ではこんな芸当はできない。さぞかし、ご自慢のシステムなのだろうと思ったが、日本ではスマートフォンをかざすだけで電車に乗れるのはすごいと、逆に褒められた。確かに真逆のシステムだが、総じてヨーロッパのシステムの方が私は好きだ。
先日、東海道新幹線に乗ったが、駅の券売機でどうしても目的地までの切符が買えなかった。仕方なく乗り越し精算したのだが、これは乗り越し部分は初乗り料金となるので、余分な負担が発生するはずである。何回ボタンを押せばいいのかわからない自動券売機で苦闘した挙句、余計にお金を払わされるのが、まず腹が立つ。こうして買った切符を持って、改札を抜ける。改札には見張りも立っている。ここを切符を持たずにすり抜ける人間が多数存在するとは、到底思えない。にも拘わらず、新幹線に乗ると、車掌が切符を見に来る。挙句に、切符に妙な色のインクを擦り付けて、汚していく。車掌がわざわざ見に来るのなら、自動改札はいらないのではないか?いや、厳重な自動改札にしたのだから、わざわざ寝ているところを起こしてまで切符を確認する必要は無いだろう。なぜ、あの余計な行為の人件費まで、我々が負担しなければならないのか。非常に不満である。車掌の検札をやめて、その分料金を下げて欲しい。などと思うのである。
ヨーロッパでは、切符を買って、タイムスタンプを押して電車に乗れという感じで、多くの場合改札は無い。長距離列車なら、車掌が検札に来るが、通勤列車ではめったに来ない。ただし、検札で切符を持っていなければ、法外な罰金だよっていうわけだ。自動改札にかかる設備投資と、無賃乗車による被害と、車掌の人件費と諸々を考慮すると、現在のシステムが合理的だという判断なのだと思っている。自転車に乗ったまま乗り込んでくる人もいるので、自動改札があったら、自転車を通すのは大変だろうなあとも思う。しかし、その気になれば、無賃乗車をするのは簡単だし、そもそも切符の買い方がわからない旅行者などは、正しい料金の切符を買っているとは限らないし、何ともいい加減な感じのシステムであることは確かである。
話が大幅にそれたが、サンクトガーレンに着いて、思った。チューリッヒよりは少し涼しいが、やっぱり暑い。何のことは無い、スイスはこの季節、別に涼しくなんて無いのだ。(きっと)32℃はさすがに異常だったのかも知れないが、28℃くらいはあるのだろう。普通に暑い。研究所の中も汗ばむ感じであった。しかし、現地の研究者は別に暑がっていなかったようだ。
緯度が高くて、氷河があって、夏もハイキングに行くと寒くて、氷河でスキーする人もいて、などというイメージは山岳地帯だけであり、街のなかは普通に暑いのだろう(きっと)。まあ、そうだよね。
チューリッヒの街の中には、湧水の出ているところが何か所かあり、その水は飲めるとガイドブックにかいてあるし、実際に飲んでみたが、別に問題は無かった。おいしいのだそうだ。ホテルの水道水も普通に飲めると書いてある。しかし、研究所ではミネラルウォーターが出されるし、研究所の食堂でもミネラルウォーターが出されるし、研究員もそれを飲んでいる。なぜ、みんな水道水を飲まないのだろうか。不思議だ。日本の研究所なら、普通に水道水か、それを使ったお茶なのだが。
ああ、今日もグダグダなお話だ。
でも、明日は帰国。さて、日本は涼しいのか。まあ、このホテルよりは、我が家の方が何倍も風通しが良いので、夜は良く眠れそうだ。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チューリッヒの猛暑は続く [日常]

我が家では寝室にエアコンが無いので、夏も猛暑の中で汗だくになって寝るが、いま、チューリッヒのホテルでちょうどそんな感じである(一泊2万円のホテルだ)。夕立が降ったりして、夜の外気温はそれなりに下がっているが、部屋の構造上、外の涼しい空気はあまり入って来ないし、昼間の日差しでホカホカに暖められた部屋は、そう簡単に温度が下がらない様だ。そんなわけで、結局汗だくで眠り、日本時間で朝になると目が覚めてしまう。仕方なくそのまま起きて、会議に出席するというわけだ。
昨日は私も講演をし、その後ラボツアーを行った。さらに夕食前に、市内を案内してくれるということで、午後6時から2時間かけて、チューリッヒの街を案内してくれた。それからディナーが始まり、帰宅したのは夜10時を過ぎていたと思う。疲労は限界に達していたが、部屋はホカホカである。またまた汗だくになって眠り、午前3時にはお目目パッチリ、目が覚めた。体調は相当悪い。足の変なところが筋肉痛だ。今日は朝から遠方の研究所の見学が予定されている。見学も意外に疲れるのだ。もちろん、先方も頑張って時間を割いて、親切にやっていただいているので、大いに感謝しているのだが、問題はこの猛暑である。
連日30℃近い猛暑で、先方の研究者に聞くと、皆「普通じゃない」というが、どうもそんなに嫌な顔はしない。この暑さを嫌がっていないようだ。その辺に、我々との感覚のずれがある。夜、部屋が涼しければ、私ももう少し元気になれるのだが。
ちなみに、2年前にNatureに発表されたCNTの選択合成の論文があったが、その後の2年間の進展についての講演が昨日あった。これは、非常に面白かった。眠気と疲れが一気に吹き飛んだ。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ
メッセージを送る