So-net無料ブログ作成
検索選択

不動峠、4月開通か? [日常]

最近忙しく、週末も仕事だったが、この連休でようやく時間ができて、いざ自転車にと思ったら、疲れがどっと出て、結局月曜日まで乗れずにいた。ようやく少し元気が出たので、筑波山まで行って来た。いつも通り、工事の進捗を確認に不動峠入り口まで行って見ると.....以前は無かった看板が出ていた。(以前から通行止めの看板が立てられており、それを無視して通る人を非難するコメントがネットで良く見られたが、そもそも誰が立てた看板なのか明示されておらず、法的拘束力があるのかどうかも怪しいものであった。)今回の看板は、補修工事に関する公示の看板である。同じく通行止めの看板があるが、これは工事請負会社か茨城県によるものだと思われる。以前の看板よりは、多少ましか。まあ、それはさておき、工事期間が重要で、3/30で終了するとある。これが信じられるなら、4/1にはもう登れることになるのだが。この看板がどれだけ信じられるかという問題がある。3/30というのは、おそらく今年度の予算で工事を行うという意味であり、納期が3/30に設定されているということであろう。しかし、実際の工期は延びる事が多々あると思われるので、実際に4/1に来ても登れる確率は高くないと、私は思う。まあ、4/1は丁度土曜日だし、多分私は行くとは思うが。
Fudo-20170320.jpg
不動峠入り口の看板

と言うわけで、不動峠は今日も通れなかったので、林道を通ってつつじヶ丘まで登って来た。数週間ぶりのヒルクライムのためか、足は結構元気で、比較的気持ち良く登ることができた。(ペースは遅かったが)調子が良かったので、帰りは県道を降りて途中から梅林を登ろうと思ったのだが、梅祭り真っ盛りの様で、入り口で車両通行止めとかで止められてしまい、あきらめて降りて帰って来た。自転車でおりて来るやつがいたので、実際には通れるのだろうが。
というわけで、今日はやや元気なまま帰宅した。ちなみに165mmのクランクにはもう違和感が無くなった。考えてみれば、クランク長が長い方が軽く漕げるなどというのは幻想に近い。足の骨、関節、筋肉等と共に一つの駆動機として機能しているわけで、そのなかでクランク長だけ長くしても何の役にも立たない事は明白である。全体の構造を最適化するのが良いわけで、そういう意味ではクランク長はもっとバリエーションが必要なのだと思う。


ハワイでクレジットカード情報盗難。なんと原因は空港シャトル! [日常]

1年前の12月、ハワイで開催された会議に出席した。帰国後、スーパーでお買い物をしたら、クレジットカードが使えなくなっており、大騒ぎになった。どうもハワイに行った際に、クレジットカード情報を盗まれ、それを使った決済をカード会社が不正利用と判断してカードが止められたという事だった。安ホテルに泊まったので、そこの従業員がスキミングしたのかと思った。カードを持って別室に行くなど、怪しい行動があったのだ。

ともあれ、カード会社が速やかにカードを止めたので被害は無かった(まあ、当然かな)。そんな事もすっかり忘れた今日、一通の手紙が届いた。Roberts Hawaiiからだ。なんだっっけ?と思い開封してみると、なにやら怪しげな話が書いてある。読み進むと、要するに、Roberts Hawaii(空港シャトルなどやっている会社)のサーバーが不正ログインされて、2015年7月30日から2016年12月14日まで、カード情報を盗まれていたというのである。不正なカード利用があるかも知れないからチェックしろという手紙だ。なるほど、私の利用時期とぴったり一致する。私のカード情報漏洩は、どうもホテルではなく、シャトル会社にやられたようだ。それにしても、1年半も不正アクセスに気がつかないとは、どういうセキュリティーだ?あきれてしまう。
手紙では、一応謝ってはいるが、主題は注意喚起で何か弁償するとかそんな気は無いようだ。カード被害には遭わなかったが、カードの再発行にはいろいろと手間がかかり、私自身には被害があった。腹が立つ。まあ、犯人がわかったのは勉強になった。ネットでカードを使う際には、そのページの暗号化などセキュリティーを気にするが、今回の件は、webページのセキュリティーとは関係無く、それを運用しているサーバーをクラックしたやつがいたと言うことだ。これは、ユーザーには注意しようが無い。
最近ハワイに行った人は、ご注意を!


がんばってオーストリアに短期出張 [日常]

3月中にラボを空けなければならないので、今年は学会出張を極力減らし、ソチの会議のお誘いもお断りしたのだが、長年出席しているオーストリアの会議だけは出ておこうかと、出席することにした。いつもなら、フルに出席してトータル9日間くらいかかるのだが、今回は3泊5日の強行軍だ。もっと短くしたいのだが、これ以上短くすると航空券が高くなる。(なぜだか知らないが)
というわけで、羽田空港に来ている。ミュンヘン行きのフライトだ。オーストリアに行くのだが、何しろ山の中で開催の会議なので、最寄りの空港がなぜかミュンヘンかザルツブルクになる。利便性からいつもミュンヘンを使うことになる。これが結構厄介なことになる。SIMの問題だ。ミュンヘンはドイツで、行先はオーストリアなのでSIMの管轄が違う。いつもオーストリアで使えるSIMを買うのだが、今回は3泊と短く、しかも帰りのフライトが夜の8時なので、ミュンヘンの空港で長時間待たされることになる(会場との連絡バスの関係)。そうなると、ドイツでも使えるSIMが良いということになるのだが、これが意外と選択子が無い。アマゾンで検索するとヨーロッパの複数の国で使えるイギリスのThreeという会社のSIMがたくさん出てくるが、これはテザリングができないという。スマホに入れても、PCからつなげないというわけだ。そこで登場が香港のチャイナユニコムだ。このSIMはすごくて、ヨーロッパでも使えるらしい。しかし、日本のアマゾンからの販売ではなく、香港からの販売らしく、輸送に問題ありとのご指摘を受けた。さて、困った。現地でSIMを探す余裕は今回は無く、会場に着いたらど田舎なので、SIMを買うのは難しい。しかもドイツで使えるSIMの購入は不可能に近い。というわけで、ThreeのSIMとモバイルルーターを買うことにした。なんと、モバイルルーターが2500円くらいで売っている。3GBのSIMと合わせて6000円しない。これでヨーロッパ各国で使用可能ということなら、オーストリ用のSIMと空港でインターネットのサービスを購入するより安上がりになりそうだ。問題は、快適に使えるのかどうかだが、これはやってみないとわからない。
今週は週末ライドができず、しかも会議でビールをたらふく飲むことになりそうなので、またまた体重が増えそうである。お正月太りが若干戻ってきたところなのだが、なかなか思うようにいかない。もちろん、飲まなければ良いのだが。ドイツやオーストリアのビールは、それはそれはおいしいので。

羽田から12時間、ミュンヘンから3時間ほどかけて、ようやくホテルに着いた。ミュンヘンに到着直後にThreeのSIMでルーターを起動してみたが、ほどなく電波を掴み、メールの送受信ができた。ローミングでイギリスのサーバーにつないでいるようで、hotmailはイギリスからのアクセスがあったということで、ブロックがかかった。ホテルについてから、ネットにつないでみたが、かなりゆっくりである。イギリス以外では3Gで、ローミングでつなぐ関係だろうか、メールの送受信ならまあ何とかなるが、大きなファイルのダウンロードなどはまともに動かない。この速度だと、3GB使うのは結構大変だと思われる。ホテルのWIFIは、宿泊客が集中して使いだすとつながらなくなるので、そのためのSIMの準備だったのだが、今のところホテルのWIFIの方が快適である。まあ、まだレセプションでみんな飲んでるからだろうか。私は明日のプレゼンの準備のため、お酒は我慢である。

ああ、もう日本は朝だなあ。

IWEPNM2017.jpg
毎年、設備が少しずつ良くなっていく会場のHotel Sonnalp


メッセージを送る