So-net無料ブログ作成
検索選択

TRP Spyre を1年使っての感想 [日常]

Defy advanced 2 (2015)を型落ちで安く購入して1年以上が経った。はじめてのロードバイクということもあり、当初ブレーキの効きの甘さに閉口し、メタルパッドを使ったりして、このブログにもアップした。当時の結論として、メタルパッドを使えば、制動力は増すが、フィールが悪くなる。逆にレジンパッドを使えば、フィールや異音は無くなり、使用感は非常に良いが、パッドの減りが早い、若干効きが甘い、という結論であった。しかし、実はパッドの交換と同時にローターも換えていたりして、パッド交換の効果についても長期間試したわけでは無かったので、結構いい加減なレポートだったと思う。
で、レジンパッドは異様に早く消耗するため、もう交換時期になり、試しに純正のセミメタルパッドに戻してみた。確かに、当初気になったブレーキの鳴きというか、ローターの穴のところでコロコロと音がするのが気になるのだが、どのパッドも程度は違うが多少はする音なので、今となってはあまり気にならなくなった。また、当初セミメタルパッドは効きが甘いと感じたのだが、握力が上がったのか、ローター側に当たりが出たのか、結構良く効くなあというのが正直なところである。もちろん、フロントはシマノのアイステックのローターに換えているので、その効果もあるのだが、いずれにしても、減りが早くて、ローター周りがひどく汚れるレジンパッドはちょっと遠慮したくなった。
現在、リアにはレジンパッド、フロントが純正セミメタル、予備にレジンパッド2個とセミメタルパッド2個、メタルパッドの使いかけ等、たくさんパッドの在庫があるので、全部使い切りたいと思う。それにしても、当初どうしても効きの甘いブレーキが不満で、油圧ブレーキに換えようと、いろいろパーツを物色していたのだが、結構予算と手間がかかり、それなら油圧ディスクのロードバイクを買い直した方が気が済むのではと思ったり、いろいろ悩んでいる内に、気がつけばブレーキに対する不満があまり無くなり、まあ機械式でも良いかと思うようになってしまった。
今度はクランクが105でない事から、それを105にするかと考えて調べて見たら、アルテグラの方が断然良いという話がネットにあって、じゃあいっそアルテグラのグループセットを海外通販で安く買って、そっくり入れ替えるかとか、いろいろ迷いだした。
結局のところ、やりたいのは、何かを変えたいと言うことなのではないかと思う。ブレーキの効きが甘ければ、強く引けば良い。最初はいらだつが、いつか握力が上がれば、普通に止まれるようになる。そりゃあ油圧の方が楽に止まれるが、油圧にするデメリットもあり、パニックブレーキで前転してしまう可能性もある。効き過ぎるのも危険だ。(下りでのジャックナイフはすでに何度か)軽いフレームが欲しいとも思ったが、自分の体重管理も出来なくて、ばかばかしくなった。ホイールは、軽量化の効果が極めて高く、投資する価値はあるが、それ以外の重さは、まずは自分の体重を何とかしてからだと言う気がする。
カセットも28Tではヒルクライムでケイデンスが上がらないから、32Tに変えたい(そうすると、RDもチェーンも交換)などと思っていたが、脚力が若干上がってくると、それほど深刻でも無くなってきた。
でも、やっぱりどこか変えたいのだ。なぜなら、同じだと飽きるから。この辺は個人差だろうが、同じものに乗り続けるのがつまらない。それがたとえ、世界で最高の自転車だと言われても、どこか変えて見たくなる。乗り手である自分も少しずつかわるのだが、その変化は遅く、目に見えては変わらない。速くするためでも良い、安全にするためでも良い、心地よくするためでも良い。何か改善するためという名目で、変えたいのだ。変えるのが目的なのだと思う。で、それで良いと思うのである。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不動峠は工事の気配も無し(2017.2.7追記) [日常]

昨日の日曜日は久しぶりにポカポカ陽気だった。それでも一応防寒装備でリンリンロードに行って見た。一応、不動峠の入り口まで行って見たが、相変わらず通行止め。ただ、台風がまき散らした枝などのゴミは掃除され、綺麗な道路になっていたので、何もしていない訳では無さそう。しかし、復旧工事をやっている気配は無かった。まあ、反対側からアクセスしている可能性もあるので、実際にはわからないが。今の時期に工事をしていないとすると、来年度になる可能性もあるのかも知れない。

(2017.2.7)追記
工事の気配が無いと書いたが、長時間現場で見張っていた訳では無いので、本当のところはわからない。その後、ネットで検索してみると、麓の「ひるくらいむ」さんのツイッターやつくばの有名自転車ショップのマツナガさんのブログなど、去年の秋には工事が始まっているという情報があった。ただ、国立公園を含むため、いろいろと許可申請が必要らしく、それで時間がかかっているとか。ありそうな話である。
不動峠は、私の記憶によれば、急な斜面を削りだした様な道で、それが崩落したとなれば、斜面の削り直しか、崖側に補強をするかとなると思われる。どちらにしても、結構大がかりな工事になりそうで、国立公園云々が絡むとたしかに難しそうな案件である。
筑波山周りの尾根道などを走っていると、自動車通行止めの細い道の多くが崩落などしているところを見かけるが、多くの場合それほど工事が困難な場所では無く、すぐに直りそうだと思っていた。実際、加波山のあたりの工事はずっと以前に始まっており、大型トラックが資材を運んでいるのを何度も見た。しかし、不動峠の工事は厳しそうだ。工事は夏までかかるのではないかという予想をする方もいるようだ。
(追記終わり)

不動峠を確認したら坂を登りたくなったので、「ふれあいの里-梅林コース」に行くことにした。以前、一回行ったが、どんなコースだったか良く覚えていなかったので、思い出しながらのんびり行った。林道を上まで登るコースに比べれば、ずいぶん楽なコースで、ほどなく県道に合流し、そこから梅林コースへ入った。まだ梅には早いかと思っていたのだが、もう咲き始めており、花を愛でる人たちがそこそこ集まって来ていた。しかし、自転車で走るのに困るほどには、人も車も多く無く、十分楽しめた。途中、東屋があり、前回もそこで休憩したが、今回もそこで自転車をとめ、水分補給した。東屋からの風景もなかなか良く、梅の花も楽しめる。白、淡いピンク、やや赤い花と色も様々で、なかなか良かった。その後は、リンリンロードまで下り、戻って来た。リンリンロードの交差点工事もほぼ終了しており、ずいぶん走りやすくなった。往路は向かい風だったので、復路に期待していたのだが、残念ながら復路も向かい風で、気持ち良く走る事はかなわなかった。
IMG_20170129_132606-s.jpg
梅林東屋からの梅


IMG_20170129_132619-s.jpg
同じく、見下ろした風景




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Samsung SSDは木曜日の午後を救うか? [日常]

当研究所のPCに悪名高きマカフィーが導入されてしばらくたった。毎日行われていたスキャンは、さすがに現実的でないと毎週1回になった。それが魔の木曜日である。私のPCにはSSDが搭載されているため、昼休みにスタートしたスキャンは、ご飯を食べている間に終了する。だから問題無い。しかし、他のスタッフのPCの多くはHDDのため、木曜日の午後は数時間にわたり、ほぼPCが使えなくなる。マカフィー君は他の仲間と違って、非常に頑張り屋さんの様で、CPUを占有して、冷却ファンをうならせてスキャンしてくれる。そのため、データ解析のためのソフトがうんともすんとも言わなくなってしまうのである。木曜日の午後数時間にわたり、PCが使えないと、その被害額は相当なものだと気がついた。年間に浪費される人件費はバカにならない。しかも、ユーザーのストレスの原因にもなるので、副次的な健康被害の可能性もある。こうなると、何がウイルスだかわからないと、いつもの愚痴になるのだが、なんの事は無い、全員のPCにSSDを導入すれば良いと気がついた。
以前はかなり高価であったSSDだが、最近はずいぶん安価になり、人件費の浪費を考えれば、投資する価値は十分にある。というわけで、機種選定を行ったのだが、どうもSamsung君がよろしいのだ。SamsungのSSDにはデータマイグレーションという非常に使い易い移行ソフトが付いてくる。もちろん、インテルのSSDにも付いてきた気がするが、Samsungのやつはなんか使い易い感じだ。しかも、SSD管理ソフトもあり、ラピッドモードなるやつをONにすると、さらに高速化するとか。なかなかすごいやつだ。
というわけで、先日人数分のSSD(500GB)と3.5インチへの変換プレートを発注した。最近納品され、まだ2台しか導入が終わっていないが、効果はてきめんの様だ。これでみんなの木曜日の午後が幸せになれば良いのだが。ちなみに、みなさん、500GBで十分な容量の様だ。別にデータサーバーもあるので、データはそちらに入れておけば安心だ。コピー元のHDDはそのまま残してあるので、いざとなったらSSD導入時までは戻れる。時々HDDにコピーしておけば、具合の良いバックアップになるというわけだ。
しかし、CCD検出器を使っていると、宇宙線の多さが気になる。SSDも相当ビット反転を受けているだろうに、大丈夫なのだろうか?電源を入れっぱなしにしておけば、データ修復も可能かも知れないが、しばらく電源を落としたSSDのデータが果たして無事なのか?きになるところではある。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オフィスの認証で半日つぶす [腹の立つこと]

12月に買った実験装置制御用のレッツノートだが、ようやく装置が納品になり、各種インストールを行った。その際、プレインストールされているオフィスもアクティベートしたのだが、ライセンスID入力後、マイクロソフトアカウントの登録のところでエラーになった。もう一度やり直せ的なメッセージが出たので、何度かチャレンジしたのだが、同じエラーになる。仕方なく、一回終了し、再起動後、再度オフィスを立ち上げると、再びID入力になった。入力すると、そこでストップ。その先に進めない。認証しないと、あと数日で使えなくなるよ~~的なメッセージが出ている。そりゃないでしょってわけで、ネットで検索すると似たような症状の記述があった。それによれば、電話で何やらしない限り、認証できないとのこと。仕方なく、電話してみることにした。
しかし、そもそも電話番号がわからない。いろいろ検索してようやく出てきたところに電話すると、何やら電話のトーンでいろいろ選べと言う。使った電話が職場の電話で、かけて5秒後にはキーがロックされてしまい、応答ができない。職場のヘルプデスクに電話し、キーロックの回避方法を教えてもらい、再度挑戦。ようやく担当者につながったが、なんと日本語がかたことの外国人らしき発音。たどたどしいやりとりで、ようやく症状を理解してもらい、IDが正規のものであることを確認した。しかし、対処方法はわからないという。で、別の電話番号を教えてもらった。そちらで聞けという。仕方なく、電話をし直す。またキーを押して、メニュー選択し、担当者が出た。今度はちゃんとした日本人だ。同じ話をして症状を説明したが、やはり対応ができないので、技術者につなぐという。了解すると、そこで20分ほど待たされた。切ろうかと思ったが、ここまで来たら待つしかないと、待ち続けたところ、ようやく応答があった。今度は、話し方からしても詳しそうな担当者で、3回目の症状の説明をした。なんと、遠隔操作で対応しても良いかと聞いてきた。こりゃすごいと思ったが、研究所はファイアウォール内にあるので、できないと答えると、詳しく症状を聞いて、なんと再インストールで直ると言ってきた。で、なにやら短縮アドレスを入力すると、再インストールサイトに飛んで、オフィスの再インストールが始まった。待つこと10分程度で終了し、何事もないように使えるようになった。
要は、ID登録が終了し、マイクロソフトアカウントとの紐付も終了したのだが、何かの拍子に最後までたどり着けなくなって、認証が中途半端なところでフックされてしまった感じだ。再インストールすると、それが解消されて、認証が済んでいることを認識した様だ。これくらいの対応、マニュアル通りの対応でもできそうなものだが、稀な例だったのだろうか。
Windows10とオフィスの認証トラブルは、そこらじゅうに書かれている。これだけトラぶっているのに、なかなか改善しないようだ。特に、プレインストール版のソフトのライセンスと機器の認識の手法の問題で、いろいろトラブルが発生するようだ。違法コピーに厳しく対処したい気持ちはわかるが、高い費用を負担している正規ユーザーに半日つぶす負担を強いるのは納得できない。しかも、こちらもそこそこの知識がなければ対処ができない。実に面倒な状況になったものだ。
さてさて、便利になったのか、不便になったのか。MS-DOSでアッセンブラでコーディングしていた頃が懐かしい。不便だったが、今のようなストレスは無かった。CPUパワーは信じられないほど進化したのだが。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新年早々バッテリー上がりで、色々勉強させられた件 [日常]

毎年、一月二日にはホーマックの初売りに行き、干支のぬいぐるみをもらうのが、我が家の決まり事である。今年もいつもの様に出かけようと、車に乗り込んだのだが、嫌な予感通り、エンジンがかからない。バッテリー上がりである。予感はあった。何しろしばらく乗ってなかったのだ。思い出すと、最後に乗ったのは11/24の雪の日だ。それ以降1ヶ月以上乗っていない。いや、11/24まで頻繁に乗っていたのなら一ヶ月のブランクなどどうってことないのだろうが、そもそもほとんど乗っていないところに、1ヶ月以上のブランクなのだ。仕方なく、自転車で行くことになった。それ自体は問題無い。無事にぬいぐるみをゲットした。
困ったのは、自動車のバッテリーだ。せっかくホーマックに行ったので、そこでバッテリーチャージャーを買おうかと思ったのだが、そこで新たな問題にぶつかる。充電器に、「開放型専用」とか、「密閉型」とか書いてあるのだ。開放型とか密閉型とか一体何?昔はそんなの無かったと思うぞ?と言うわけで、ホーマックで買うのをあきらめ、帰宅した。いろいろ調べると、時代は変わっており、モバイルバッテリーでエンジンスタートできるジャンプスターターの存在や、発生した水素ガスと酸素ガスを水に戻す触媒を備えた密閉型バッテリーの存在やその充電方法、一般的な充電電流や急速充電の電流、オルタネーターの充電電流など、知らないことがたくさんあった。で、とりあえず、30年以上も加入していながら、一度も救援をお願いしていなかったJAFに出動してもらう事でとりあえずの対処とし、amazonで5000円以下の充電器をクリックした。JAFは30分で登場して、無事にエンジンをかけてくれた。1時間程度アイドリングしろという事だったが、近所迷惑なので、1時間ほどドライブしてきた。しかし、バッテリー内蔵の比重計は全然良くならない。どうもちゃんとした充電が必要な様だ。
新年のamazonは非常に優秀で、通常の配送でありながら、翌日の昼にはもう充電器が届いた。安物なので、動作はやや不安定だが、2Aの低電流で充電を持続してくれた。待つことほぼ8時間、マニュアル通り、50%程度まで放電したバッテリーがほぼ満タンまで充電され、内蔵の比重計も良好状態を示した。オルタネーターの充電電流はJAFの測定では10Aあったようだが、それは放電状態であった最初の話で、バッテリーがある程度充電されてからは電圧が上がるので、充電電流は下がったと思われる。その状態では、充電器と同様に8時間程度はかけないとフル充電にはならないという事なのだろう。一般のユーザーは1年で1万キロ程度走ると思うので、こんな状態にはならないだろう。我が家もあまり乗らないとは言え、以前は3000キロくらいは走っていたので、これまでバッテリー上がりは経験したことが無かった。しかし、今回バッテリーに交換時の走行距離と交換日付が記入されており、それを見ると、交換は1年前でそれからの走行距離はなんと900kmであった。市街地の平均速度は30km/h程度なので、年間の走行時間は30時間程度という事になると思われる。おそらくその半分は夜間走行で、有益な充電時間はさらに少なくなる。これは、充電時間としては不十分だったということだろう。1年で1000キロ未満の走行距離では、さすがに新品のバッテリーでもやばいという事だろう。しかも、走行しなくても、時々自動ドアを開け閉めしたり、そこそこバッテリーを使う事はしていたので、条件はさらに悪い。しかも、久しぶりのエンジン始動が1/2の早朝という低温の条件で、悪条件が重なったと言える。
30年ぶりのバッテリー上がりで、ドタバタした新年だったが、ジャンプスターターの存在や、密閉型バッテリーや適正充電電流など、いろいろ勉強になったお正月だった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大晦日、ようやくリンリンロード走行可能 [日常]

リンリンロードの交差点工事のため、何カ所か砂利道になっていたが、胃腸炎で2週間ほど自転車に乗れずにいた間に、ほぼ工事が終わった様で、大晦日に行って見たところ、走行可能であった。ただ、工事が終了した訳ではないので、ポール設置等の工事がもうしばらく続くようだが。
先日、defyのハンドルが一般的なロードバイクよりも相当高い事がわかったので、スペーサーを抜き、ステムを17度の物に変更し、長さも10mm伸ばした。おかげでほぼ標準値となり、かなり前傾になった。おかげでスピードが上がったようなのだが、その分頭を持ち上げる筋肉に負担がかかり、ひどい肩こりになるようになってしまった。肩こりが解消するまで、しばらくトレーニングという事になりそうだ。
と言うわけで、新しいポジションの練習のため、岩瀬まで行って来たというわけだ。往復で78km、3時間ぴったりだった。平均速度26.2km/hはまあまあのペースだが、帰りは向かい風で、心拍数はかなり上がっていた。前傾の効果なのかどうか、微妙な感じである。しかも、最後に3時間ぴったりにこだわったため、クーリングダウンの時間をとらなかった。おかげで元旦から筋肉痛だ。
寒くなってくると、贅肉でだぶついた腹が冷えるので、その対策にモンベルのジオラインの下着と腹巻きを買ってみた。また、キャップ型の耳当ても評判が良かったので、買って見た。どれもかなり高い。今回はそれらのテストも兼ねていた。下着は着た瞬間から非常に暖かく、具合が良いが、腹巻きも同じ素材のため、あまり効果を感じ無かった。もっと厚手の物じゃないと、効果が無いかも知れない。ちなみに、今回の気温は平均で5℃くらいだった。キャップ型の耳当ても、水泳のキャップみたいで見た目は微妙だが、ヘルメットをかぶってしまうので、結果的に関係無く、具合は良かった。耳が冷たくなることは全く無かった。しかし、頭の方はややオーバーヒートで、汗ばむ感じとなった。キャップ無しでは安定しないので、まあこの辺は我慢するところかも知れない。しかし、平地では良いが、ヒルクライムでは汗だくになるかも知れない。まあ、非常に軽い耳当てなので、登りの前に外してポケットに入れるという事も可能だ。ちなみに、この自転車用の耳当て、店頭には無かった様で、お店の人に言ったら奥から出して来た。売れ筋商品では無い様だ。
パールイズミのプレミアムシューズカバーと手袋、モンベルの下着と耳当てと防寒装備がそろって来たが、日陰に入ると寒さが身に染みる。早く暖かくなって欲しいものである。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る