So-net無料ブログ作成
検索選択

高価なカーボンフレームが欲しくなくなりつつある [日常]

ロードバイクを買う際、カーボンフレームが良いというネットの書き込みを読み、自分でも納得してカーボンフレームの安い自転車を購入した。良く言われるように、しばらく乗ると、より上位の高額のロードバイクが欲しくなってきた。しかし、調べれば調べるほど自転車メーカーは多く、さてどこのメーカーのどの車種が良いのか、情報過多でわからなくなってきた。価格も20万円台から100万円越えまで、各種あり、どこに優劣があるのかわからなかった。
仕方なく、サイクルスポーツなる雑誌を数ヶ月読み、広告を見て、記事を読んでようやくこの自転車業界のからくりが少しづつわかってきた。特に、この2ヶ月特集を組んだ、ヨネックスのカーボンフレームの記事は大変ためになった。そしてその結果、もうカーボンフレームを買う意欲が失せてしまった。
この特集記事は、「なぜ、カーボンフレームは高いのか?」という疑問をかなり解消してくれた。そして、その高額を生むメーカーの努力に対価を支払う気が無い自分を発見したというわけである。乱暴に言えば、高価なカーボンフレームのコストは、開発費と製作に要する人件費である。なんと、トライアンドエラーで設計し、職人技で製作するという。で、如何に上手に作れるかによって、限界設計できるかどうか決まるという訳だ。腕の良い職人が設計通りに作ってくれるから、限界の構造に設計でき、それ故、強く・軽く・心地よいフレームが出来るという。この理屈は非常に納得できる。しかし、私にとっては魅力的では無い。そのような限界設計に対価を支払う気が無いのである。もちろん、レースに出て1秒を争うプロの選手や、アマチュアでも本気で自転車を楽しんでいる人には、こういったハイグレードなフレームは魅力的かも知れない。しかし、私のモティべーションは、すーーーっと進む心地よさや、山に登った達成感や、それらを通じて心肺機能を高められるかも知れないというところであり、1秒を削る限界設計のフレームとは縁遠いところにいる。その対価に数十万円を費やすのは全くの無駄である。ヒルクライムでは、100gでも軽い方が良いというが、それはホイールの話であって、フレームではない。もちろん、1kg軽い自転車に乗れば、その軽さにうれしくなるだろうが、それは最初の数回で、そのうちそれが当たり前になってしまう。そうなれば、次に目指すのはやはり己の鍛錬という事になり、同じ事である。結果としての速度や時間に重要性を見出していない以上、そこにコストをかける気は起こらないのである。
何より、私は職人を信用していないのだ。医者も信用しないし、大工も電気屋も信用しない。実際、ジャイアントストアの整備は劣悪で、規定トルクを完全に無視して蹴っ飛ばしても緩まないほどネジを締め上げるかと思えば、BBが手で回るほど緩んでいたりと、ひどいものだ。スペシャライズドのショップでも、知人はネジを間違って付けられて、スプロケットが締め付けられずガタガタしていた。自分を名医と思い込んで、とんでもない治療をする医者もいるし、見えないところの釘は、ひん曲がっていても気にしない大工もいる。だから、高額の限界設計をしたカーボンフレームは不安である。安価なフレームは、腕の悪い職人が適当に作っても十分な強度が出るように、カーボンを厚めに作るらしい。著名なメーカーのフレームであれば、安全性は同等に確保されているかも知れないが、私にとってはより好ましいと思う。たまたま、腕の良い職人が作れば、非常に丈夫なフレームになるはずだからだ。(実際には大差無い気もするが)
というわけで、次はピナレロなどと考えていたが、サイズの問題もあり、外国人の几帳面さを信用できなくもあり、だんだんばかばかしくなってきたという訳だ。そんななか、クロモリフレームが良いという話がある。古い技術だが、カーボンよりは、各種検査技術も信用できる気がするので、変なものを買わされる可能性が低いように思う。重さもカーボンと大きな差は無い。問題は、あの細いフレームが好きではないというところだ。あの細いフレームが良いんだという人が多数いるのも知っているが、私は好きじゃない。
さて、あと半年後に何が好きになっているか。2018年モデルあたりで何か買いたいという気がするのだが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

上海からの帰りの便でくさい親父にノックアウトされる [日常]

のんきに紅橋空港でこのブログなどを書いていると、無事ボーディングの時間に。そういえば気になっていたのだが、ゲートには何も機械が無い。机があるだけだ。そう、なんとバーコードリーダーが無いのだ。紅橋空港は相当古いのか、さらに手入れしていないのか、きれいな免税店の隣のトイレが、中国のあの旧式のまたがり式便器だったりして、例のごとくそこから水があふれ出していたり、なんか一時代前の建物のようだが、さすがにボーディングでは、コンピュータとの照合はやるだろうと思っていたのだが、なんと人間が目視でチェックして、半券をもぎり、それだけだった。これはすごい。間違って乗って、別の国に飛ぶことが可能だ。
そういえば、今回は変なことに、往路は中国東方航空だったが、なぜか帰りはANAで、機材も全く違った。往路は、画面もヘッドフォンもなく、スマホの使用も禁止(航空機モードでもダメ)という状態で、ただ本を読むしかなかったが、帰りはB787の最新鋭機で、座ると同時に映画が見られるという、雲泥の差であった。しかし、座席は往路の方が広かった。まあ、短時間なのでそこは我慢して、映画を楽しもうと思ったのだが、何やら臭い。どこかの親父が整髪料のにおいをぷんぷんさせている。どうやら、斜め前のこれ見よがしに金時計をはめたおっさんらしい。髪の毛がべったりと油で固められている。私はこの整髪料(と汗の混じった絶妙)のにおいが全然だめだ。以前、自分で頭につけて、頭痛になったことがあるほどだ。もちろん、他人の整髪料でも頭痛になる。そもそもきついにおいは不得手なのだが、まだ女性用の香水方がましだ。気分は悪くなるが、頭痛まではしない。臭い女性が隣に座ったこともあるが、ハンカチで鼻をカバーすれば何とかなった。今回は幸いマスクを持っていたので、マスクをしてみたが、マスクでは全然効果がなく、仕方なくマスクの下にハンカチを入れ(傍から見たら異常者のような風体だったろう)、天井のエアコンの風量を上げて自分に吹きかけ、必死に耐えた。しかし、一度鼻についてしまったにおいはもう拭い去ることができず、ずっと臭い思いをして過ごす羽目になった。おかげで、「君の名は」などという素晴らしい映画を観られたにも関わらず、頭痛で楽しさ半減であった。ちなみに、周りの人もみんな「君の名は」を観ていたようだ。しかし、あれだけ強烈なにおいなのに、その親父の隣の男性も、親父のすぐ後ろの男性も、私の隣の男性も、斜め前の女性も、何とも無いようで、臭がっていたのは私だけのようだ。こうなると、悪いのは過敏な私の方で、くさいおやじなどと言っては申し訳ないのかも知れない。
そういえば、女性の香水はまだましだと書いたが、女性の香水でも、ものによっては、息ができなくなるのもあるので、そんなに単純ではない。先日の東京の会議の際も、先方の秘書さんがその息のできなくなる香水をつけており、お茶を出してくれたのだが、しばらく息を止めてやり過ごした。近くに座られたら、おそらく逃げ出しただろう。幸い、海外ではこんな臭い思いをしたことが無い。香水のきつい人もいるが、多くは良い香りで頭痛などとは無縁である。なぜ日本人は私の嫌いなにおいをつけるのだろうか。不思議だ。
そういう意味では、上海全体が微妙なにおいで満たされていた。どこに行っても何かにおう。それは香辛料の一種のにおいなのか、石油系の塗料等のにおいなのか、はたまたPM2.5なのか、私にはわからないが、におっている。日本でも何かにおいがあるのかも知れないが、これはもう感じなくなっているのだろう。
で、「君の名は」が良かったのに、十分楽しめなかったので、DVDでも買って観るかとおもってアマゾンで探してみたが、まだ発売されていない様だ。誰だかの予想によれば、12月から2月ころに発売とのことなので、もうしばらく待たなければならないようだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無事?上海出張終了か(虹橋空港にて) [日常]

アマゾンで買った2GBデータ通信用の香港China UnicomのSIMは何の問題もなく使えて、非常に便利であった。ホテルのWiFiが遅くて使い物にならなかったので、結局4日間このSIMだけで過ごした。通信速度は遅くはないのだが、ローミングのせいか、認証画面等でもたつくようだ。また、マイクロソフトは律儀にも香港からのアクセスがあったので、不正アクセスかもしれないと、メールの受信をストップしてくれた。最初香港に覚えがなかったので、驚いたが、SIMが香港経由なので、香港からのアクセスとみなされたらしい。
さて、今回会場を調べもせずに虹橋空港を選んだのだが、なんと会場のシェラトンホテルは、完全に反対側。上海の街を横断して行かなければならない。会議の主催者からはタクシーで行けと連絡がきたが、タクシー代は出してもらえそうにないので、地下鉄で向かった。空港には地下鉄の10号線の駅がある。最初とまどったが、服務中心で交通カードを購入した。20元らしいが、上海ナビに書いてある通り、100元出して残りをカードにチャージしてもらった。英語は通じないが、向こうも大体要領がわかっているようで、身振り手振りで何とかなる。無事、80元チャージされた交通カードを手に入れたので、あとは事前に調べておいた通り、地下鉄を乗り換えて、行くだけである。虹橋から湾岸のシェラトンに行くには2回乗り換えなければならないが、案内表示がちゃんとしているので、迷うことはない。問題は人の多さだ。たまたま夕方だったこともあり、地下鉄は満員状態。3泊の小さな荷物だったので何とかなったが、大きなスーツケースを抱えていたら、ちょっと厳しいことになりそうである。空港はだいたい町はずれなので、乗った時には空いているので、乗り換えなしで行ける所なら、何とかなるとは思うが。中国のカルチャーは、どことなく大阪に似ている気がしている。混んでいるときに、降りる駅で奥から出ようとするとなかなか難しいようで、みんな降りる駅の少し前からドアの近くに移動していく。降りるときは、さっさと降りないと、乗り込んでくる人に押し込まれて、降りられなくなるのかも知れない。見ていると、決してマナーが悪いというわけではないのだろうが、全く気取らないで行動する感じだ。で、なんと1時間半以上かかって、ようやく目的の駅に着いた。そこからは歩いて行ける距離なのだが、なんと街の入り口にゲートがあり、そこからでないと出入りできないようだ。何か特別区なのだろう。しかし、ゲートはあるものの、特に何のチェックもなく、素通りできる。この辺が中国的な感じがする。
ホテルに着くと、ロビーに会議のレジストレーションデスクがあり、すぐに手続きできた。なんと、どこでレジストレーションするのか、連絡がなかったので、不安だったのである。会議室がどこかも聞いて、ようやく、様子がわかってきた。しかし、まだまだ甘かった。
ホテルの予約はちゃんとされており、51階建のタワーの19階であった。3人以上泊まれそうな大きな部屋に一人で、のびのびであった。基本的に豪華な造りだが、造ったあとろくにメンテナンスされていない感じで、そこらじゅう傷んでいた。まあ、そんなもんでしょう。ディナーもただで食べられるというので、レストランに行ってみた。サラダなどのビュッフェのほかに、一品暖かい料理がオーダーできるという。チキン照り焼き(日本的メニュー)を頼んで、サラダなど食べて待ったが、30分待っても料理が出てこない。そのへんのボーイさんに声をかけても英語が通じない。ちょっとイラついたので、出口に向かったが、何も言わないのも具合が悪いと思い、料理が来ないことを告げると、すぐ用意するという。いや、時間がないというと、じゃあ部屋まで持っていくという。いったい、サービスが良いのやら悪いのやら。中国では、こういう時はワイワイと言い合って処理するのかも知れないと、思った。が、私は日本人なので、一旦あきらめた料理はもう食べたくない。というわけで、近くのコンビニでビールとつまみを買ってきて、部屋でいっぱいやってごまかした。出張のたびに食べ過ぎて太るので、実はこれくらいでちょうどいいのだ。中国料理はこれまで散々ごちそうになったので、もういいかなあという感じだし、何しろメニューが日本的で、あまり魅力もないし。だいたい、コンビニに売っているビールもサントリーやキリンやらがほとんどで、青島は1種類しかなかった。しかも安くない。つまみも日本製のお菓子が多い。なんかちっとも面白くない感じだ。ただ、キュウリ味のポテトチップスを見つけて買ってきた。これはなかなか面白い食べ物だった。
翌日は、朝からセッションに出席したが、そこで大いに驚いた。国際会議だというので、みんな英語で話すと思ったら、なんと全員中国語で話し始めた。司会も中国語である。スライドも中国語だ。まったくわからない。なんで私はこんなところに座っているんだろうと、初めてとんでもないところに来たことに気が付いた。
午後には、個別のセッションに分かれたが、ここでも中国語。しかし、実は英語の同時通訳があって、レシーバーを借りれば、英語に通訳してくれたものが聞けるとわかった。しかし、先日日本で類似の会議が開かれたが、日本人も英語で発表し、聴衆のために日本語の同時通訳がついたという形であった。これが普通だろう。しかし、この会議はそういう会議ではなかったようだ。つくづく、いい加減に引き受けてはいけないと、痛感した。
上海は、北京に比べれば空気がきれいだといわれているようだが、着いた日は結構煙っていた。しかし、毎日徐々にきれいになり、最後は青空が見えるほどになった。なぜかと思っていたら、海から風が吹いていたようである。上海は海沿いなので、海からきれいな風が吹けば、PM2.5も吹き飛んでしまうようだ。風が逆向きだと、ひどいことになるが。
そんなこんなで、難儀した会議も無事?おわり、ようやく帰りの空港に到着し、これを書いている。もうすぐボーディングだ。帰りも地下鉄できたが、一回6元程度しかかからないので、交通カードのチャージはたくさん余っている。来年蘇州で会議があるので、持って帰ろうと思っているが、その時まだ使えるのかどうかは定かでない。まあ、タクシーを使えば、往復で300元くらいかかるので、完全に元はとっている。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明日から上海出張を忘れていて、慌てる [日常]

どうやら、明日から上海に出張の様だ。のんきな話だが、先方が航空券も買ってくれたため、自分では何も準備しておらず、記憶から消えていた。危うく忘れてしまうところだった。昨日、研究室のメンバーに教えられて、無事思い出した。
で、中国といえばインターネットが困る。Googleさんと仲が悪いようで、つながらない。NEXUS5は非常に困った事になる。また、SIMの購入も気がかりであった。そんなこんなでネットを見ていたら、なんとamazonでSIMを売っているという。ぎり、間に合うかというわけで、昨日あわててクリックした。本日届くはずなのだが、私は自宅にいないので、果たして受け取れるのか。このSIM,どうもGoogleアクセスができるとの事。なぜ、そんな事ができるのかは定かで無いが、非常に助かる話である。以前、北京でSIMを買った時は、妙に高くて、200元くらい取られた気がする。Amazonでは2GBで2000円だったので、お買い得な気がする。どちらもChina Unicomだったと思う。いつも通り、通話はする気が無い。
さて、いつものことだが、プレゼン資料は全くできていない。まあ、忘れていたくらいだから当然だが。歳を取ると、どんどん図々しくなって、ろくろく準備もしない。ひどいものである。

追記:SIMは無事夜9時に届いた。見ると、HK$150とある。今のレートからすると、これが2000円というのは割安である。どこかで読んだが、どうもこれは香港のSIMで、中国本土ではローミングで使えるタイプのSIMらしい。そのためGoogleに制限がかからないとか。良くわからないが、これは現地で買うよりも安そうだ。まあ、これで無事動いてくれればだが。
ようやく、ホテルの場所を確認し、地下鉄で行く算段をした。2回も乗り換えなければならない。オーガナイザーはタクシーで来いと、運転手に見せる中国文を送ってきた。親切だが、120元くらいかかるらしい。距離からすれば日本よりもずっと割安だが、せっかくだから地下鉄にも挑戦したい。交通カードとかいうのを入手すれば良いらしいことはわかった。
さて、あとはプレゼンの準備だ。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る