So-net無料ブログ作成
検索選択

勢いでスピンバイクをクリック(2016/3/28追記) [日常]

昨年の秋ころからローラーの購入を検討していたが、結局勢いで今、スピンバイクをクリックした。

3本ローラーの場合、好きなバイクを乗せて走れるので理想的だが、落車の危険と騒音が問題となり、現時点で踏み切る勇気が出ない。
固定ローラーの場合、最低限専用のホイールが必須になりそうだが、Defy advanced2はDiskブレーキのため、後輪の付け替えがちょっと気が重い。通勤スペシャルを使うにも、室内に入れるにはクリーニングが必要で、ちょっと面倒だ。今使っていないCross3200には、ローラー台専用の23Cのタイヤが装着できそうに無い。と、結構障害が多く、なかなか踏み切れなかった。
で、エアバイクも検討して見たが、ろくなのが無くて、ダメだと思っていた。しかし、スピンバイクなる物を見つけて、話が大きく変わった。しかも、かなり安い物もあるらしい。というわけで、HAIGEのスピンバイク HG-YX-5006 をamazonでクリックしてしまった。これが期待通りなら、雨の日、好きな音楽を聴きながら、ビンディングペダルを装着して楽しめるはずなのだが、さてどうなるか。
安物買いの銭失いになるかどうか、また報告する。

(2016/3/28追記)
西濃運輸で大荷物が届いた。配送は玄関までということで、玄関に大箱が鎮座した。以前の元気な私なら、えいやっと持ち上げて二階まで運ぶところだが、現在五十肩でままならない。と言う事で、玄関内で開梱し、パーツ毎に2階の部屋に運び込んだ。プレゼントという事で、ヨガマットが付いて来たので、その上にバイクを組み上げた。一応組立の説明書が付いているが、それを見ただけで組み立てるのはやや難しいかも知れないが、自転車整備をやっている人なら、問題無いでしょう。工具も一式付いているので、特に準備するものは無い。ただ、サドルを付ける台座に開いた穴に特大のバリが出ており、そのままでは組立てできなかった。自前のダイヤモンドやすりで削り落とし、何とか組み立てた。基本的に、塗装や工作が雑なので、気になる人は自分で仕上げの工作をする必要があるだろう。針状の切りくずが飛び出していて、指に突き刺さったパーツもある。フライホイールもやや歪んでいるようで、フェルトの当たり方が周期的に変化し、負荷が変動するが、まあ気になるほどのレベルでは無かった。
さて、一通り組み立てた後、ちょっと回してみたが、決して悪くない印象だった。ただ、トゥークリップ付きのペダルはベルトが邪魔な印象だ。で、予定通りペダルをSPDに変更した。ペダルが互換性があるので、何の問題も無く付け替え可能であった。もう一つ交換したいのがサドルである。ママチャリ風のバネ付きサドルが付いており、それほど座り心地は悪くないのだが、バネがゆらゆらしすぎてしまうため、使い古したVELOのサドルに付け替えた。もともと付いているサドルのホルダーを使えば一応付けられるのだが、ステーの変形を前提とした構造のため、高価なサドルを取り付けるのはちょっとためらわれる。ちなみに、サドルの交換には20分程度かかった。金具の取り付けに手間取ったのだ。
以上で、ペダル・サドルの交換ができた。サイコン風のものが付いているが、時間・速度・カロリー等を表示してくれるが、誰かのレポート通り、時間以外にはろくな情報が無い。欲しいのはケイデンスと心拍計だ。心拍計は、腕時計型の物が余っていたので、それをハンドルにくくりつけた。ケイデンスを計測するには、別途サイコンを付ける必要があるが、構造上ケイデンスの計測は可能だと思う。これは後ほど検討する。

汗との戦い?
早速20分ほど回してみた。音は静かである。となりの部屋からは、スピンバイクを回しているのに気がつかない程度である。心拍は110BPMあたりをキープした。最初の10分は何とも無かったが、後半の10分は、汗だらけになり、最後は汗に勝てずにギブアップした。扇風機も回して見たが、安物の扇風機では役に立たない。今後は汗対策が必須であると感じた。外で自転車に乗る場合は、30℃の夏でも何とかなるレベルだが、屋内では気温15℃程度でも汗対策が必須となるようだ。これは想像以上だった。

一つ気に入らないのはQファクター
ペダルは互換性があるが、クランク周りは怪しい感じだ。クランクの長さもちょっと短いかも?(165mmくらいか?)で、軸長が長く、かなり足を開いて漕ぐ感じになる。ロードバイクのQファクターとは大きく違うので、気になる人は気になるだろう。ベルトドライブのベルト幅が広い事が原因の様だ。

そして最後は退屈との戦い
負荷のかかり具合は微調整可能で、それなりに良い感じだが、退屈なのはいかんともしがたい。自転車に乗れば、次々変わる景色に飽きることは無いが、室内で漕いでいると、5分で退屈してしまう。ラジオや音楽、テレビなどの退屈をしのぐ何かが必須である。

いきなり4000円割引き?
以上、そこそこ満足し、29800円なら満足!と思っていたのだが、amazonをちょっと覗いたら、25800でセールをやっていた。2-3日の違いで4000円安である。これはちょっとショックだった。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花粉ライン [日常]

通勤スペシャルのタイヤをパナレーサーのクローザープラスに換えて、転がりが良くなったと喜んでいる。
さて、最近花粉がすごい。何がすごいって、タイヤに花粉ラインが入るのである。今はいているのは25Cだが、接地幅は7-8mmくらいだろうか。赤く塗られたペデストリアンを走れば、タイヤに赤いスジが入る。それを見ると、接地面の幅がわかるのだ。で、きれいな舗装面を走れば、その幅でタイヤの地の色の黒いスジが見えてくる。それが、ここ数日、舗装路を走ると黒いスジではなく、黄色いスジが入るのだ。そう、花粉だ。花粉が舗装路にコーティングされており、それをタイヤが拾って、黄色いスジになる。
鼻水がドバドバ出るはずである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大岡山の辛辛屋でおいしい誤算 [日常]

応用物理学会に行ってきた。21日はなぜか夜7時までセッションがあり、終わったときはもうくたくた。エネルギーを注入しないと家に帰れないと、仲間と3人で大学周りの店を物色したのだが、さすがにその時間はどこも満席。学会からの客がすでに占領していた。仕方なく、駅前の道を北上し、どこか座れる店は無いかと探し歩いていたところ、はずれのはずれの方に、辛辛屋という炭火焼き肉と韓国料理の店を発見。ちょっと待てば入れるという事で、入ってみた。まず、お通しが2品ほど出て来たが、なんとサービスとの事。さすが学生街。本来焼き肉屋なのだろうが、何となく、肉を食らう心の準備ができておらず、いろいろとサイドメニューをたのんで、ビールを飲んだ。最後に、豚の背骨鍋(カムジャタン)なるものを頼んで、締めはおじや。生マッコリなども飲んで、上機嫌でお勘定を頼んだところ、一人あたり3000円を切る会計に、驚いた。まさにおいしい誤算である。
次に大岡山に来たら、今度は焼き肉を食いに来ようと、みんなで帰宅の途についた。しかし、学生街は恐ろしい。こんな店があるとは。それまでつぶれずに、待っていて欲しい。ちなみに、さっきネットで調べたら、そこそこ人気店のようだ。大丈夫だろう。初冬に大岡山で会議がある予定なので、その際には行ってみたい。
食べログ


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Amazonショッピング失敗で悲しい [日常]

筋肉もりもりの方たちが飲んでいるプロテインなる物に興味があり、調べてみると、原料はホエーだという事で、それなら俺も飲めるかもって、薬局に行ってみたりしたが、近所に売っているのはみんな大豆プロテインで、ホエーが原料の物が無い。で、仕方なくAmazonで調べると、いろいろ種類があり、しばらく悩んでSAVASのプロテインにしようと決めた。で、みると、ココア味。よく見るとヨーグルト味もある。ホエーが原料なら、ヨーグルト味の方が良さそうだと、ヨーグルト味を注文した。
で、届いてみると、何と大豆プロテインと書いてある。えーーーーーー?ホエーじゃないの?って、Amazonを確認すると、何とココア味はホエーが原料だが、ヨーグルト味は大豆プロテインが原料だった。そんな紛らわしい!ホエーは、ヨーグルト作るときに出るんだろぅ?私は大豆アレルギーで、豆乳を飲むと、そりゃあ大変な事になる。通常、アレルゲンは蛋白質なので、プロテイン飲料は、そりゃあやばいはず。私の間違いなので、返品する訳にもいかない。しかし、簡単にあきらめるには高い。4000円くらいしたのだ。ひょっとしたら、飲んでも大丈夫かも知れない。もったいないからちょっとだけ試して見るか、とスプーン1杯分だけ作ってみた。ちょっとなめると味は悪くない。で、なかなか症状が現れないので、こりゃあ大丈夫かもと、全部飲んでみた。で、30分ほどしてちゃんとやってきました、アレルギー。胃は痛み、喉が腫れ、気分が悪くなってきた。やっぱりダメか。1kgの毒(私にとって)の入った袋が目の前にあったりするわけだ。
で、一緒にAmazonに注文したのが、ヘッドフォン。1500円くらいの安物なのだが、音が気に入ったので、2度目の注文だった。届いた箱を開けてみると.....何と、パッケージに値札が貼ってある。そこには、コジマ×ビックカメラとある。あれ?コジマの商品?確認すると、購入したお店はAmazonマーケットプレイスの「べべクロSHOP」だった。コジマでは無い。つまり、ベベクロSHOPがそういった商品を仕入れたと言う事なのだろう。問題は、その値札に書かれていた金額で、なんと620円だ。うーん。1500円でも安いと思って買ったのだが、そこに620円の値札が貼ってあると、何とも微妙な気分である。実際には、発送には送料がかかり、さらに620円で仕入れているなら、そこに利益を乗せなければいけないので、まあ1500という販売価格は妥当な線かも知れない。値札が貼って無ければ、変な気分にはならなかったのだが。
プロテインとヘッドフォン、2件の残念な買い物で、悲しい週の始まりとなった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クローザー プラスでストップアンドゴーも気が楽に [日常]

職場の同僚がつくばを離れる前にラストライブをやるとか言うので、ちょっと聴きに行って来た。なぜか、谷田部インターの先の会場で、片道18kmもある。(本当はもう少し近いが、往復とも道に迷ったので結果的に。)まあ、この程度の距離なら我が通勤スペシャルで全然問題無いので、自転車で行くことにしていた。

で、それとは関係無く、そろそろ仕上げの時期に来ている我が通勤スペシャル、Giant Escape RX2 (2015)だが、最後にタイヤが気になっていた。納品時には28Cのスリックタイヤを履いていたが、ロードバイクを買う前には、このRX2が長距離ライド用だったので、25CのコンチネンタルのGP4000S2を履かせてみた。効果はてきめんで、アベレージが2km/hも上がってご機嫌だった。しかし、その後ロードバイクを買い、GP4000S2は、ロードバイクに移植され、RX2にはパナソニックのパセラ28Cを履かせて、通勤用になった。このパセラはもともと通勤用だったCS3200用に買ったもので、パンクしないし、減らないし、それはそれで結構気に入っていたのだが、最近どうもこいつが重たい気がしていた。ネットで改めて調べると、ワイヤービートのパセラは1本450gほどもあり、決して軽いタイヤではない事がわかった。GP4000S2は、200gクラスなので、その差は大きい。この重量差があったから、GP4000S2を履いた時はご機嫌だったのだと、ようやくわかったわけだ。しかし、通勤スペシャルに1本5000円を超えるGP4000S2はあまりにも高価で、さすがにそこまで贅沢する気になれない。何か安くて良いタイヤはないかと、Amazonで検索していると、パナソニックのクローザープラスが目に着いた。重さは25Cで250g程度で、GP4000S2とあまり違わない。しかし、お値段は2000円程度と半額以下である。これはお買い得だと、試しに買って見ることにした。今回はAmazonではなく、ヨドバシ.comで買う事になった。この、ヨドバシ.com、出荷が異様に早い。注文後、数時間で出荷され、確実に翌日に届く。その点、Amazonよりもすごい。しかも、ポイントが付く。まあ、それはともかく、早速届いたので、今日ライブ会場へ向かう前にパセラからクローザープラスに履き替えた。28Cから25Cになったが、その数値の差以上に、実際の感覚ではかなり細くなった印象である。空気圧も、パセラの最適値は7.5bar程度だが、クローザーは9bar程度でずっと高い。そのため、かなりがちがちの乗り心地を想像したのだが、実際に乗って見ると、意外にも乗り心地はパセラよりも良くなった。パセラはかなり硬いタイヤだったようだ。で、当然の事ながら転がり抵抗は小さくなり、軽くなって、停止・加速を繰り返す歩道走行なども、気が楽になった。高速走行も良好で、会場に向かう途中、田舎道の下りで速度が46km/hを超えたりしたが、全く問題無かった。かなり快適なタイヤである。おかげで、ライブも大いに楽しめ、なかなか充実した土曜日であった。
いや、本当に想像以上に良いライブだった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっとサイクリングでも花粉が [日常]

ようやく、週末時間ができて、雨も降らず、激寒でもなく、自転車日和ということで、久しぶりにわがDefy Advanced 2(2015)にまたがり、ちょっとだけ遠出をしてきた。先日サドルをお尻にやさしいセラTMPに換えてあったので、いつものような足のしびれもなく、快適なサイクリングとなった。いや、なるはずだった。問題は、意外と風が冷たかったのと、花粉だ。寒さは、元気よく漕げば問題ない。しかし、花粉はいかんともしがたい。鼻たれで走るのもみっともないし、目もショボショボしてくる。だからといって、銀行強盗のような覆面風のマスクをして走るのもどうかと思うので、結局時々鼻をかみながら乗り切るのだが、風が冷たいと、比較的ごつい手袋が必要で、それが鼻をかむとき邪魔になり、いちいち手袋を脱いで鼻をかみ、また手袋をしてと繰り返すのが、妙に面倒である。しかも、今日はかなりの強風で、しかも斜めから吹いたりすると、自転車が斜めに傾いた状態になったりして、危険だし、しんどい。しかし、強風で後押しされると、私の貧脚でも40km/hをキープできたりして、結構ウキウキ気分になる。(向かい風では25km/hくらいでへとへとになるが。)
考えてみると、冬は寒く、春は花粉で、梅雨は雨で、夏は暑く、結局、心地よく走れる季節は多くない事に気が付く。最近借りた本によれば、冬はローラー台専門という方もいるようだ。それはそれで賢い気もする。少なくとも、激寒や花粉や雨からは逃れることができる。一度断念したローラー台だが、もう一度検討するかとも思う、今日この頃である。
しかし、自転車一台20万円、ちょっと贅沢して40万円、さらにのめり込んで60-90万円くらい、さらにさらにと、きりがない話を聞くと、自転車は金がかかると思ってしまうが、最近歯のインプラントを入れて、31万円。あと少なくとも2本の予定があり、62万円の出費が予定されている。それで得られるのは、今よりもちょっと上手にかめるようになる歯だ。以前は、失った歯が戻るなら、安いものだと思ったが、自転車の価格と比較すると、高すぎる気がしてきている。歯なんか無くてもいいから、そのお金で自転車を買ったら、どんなに楽しいかと、思ってみたりする。何しろもうそんなに長生きできないのだがら、生きている間になるべく楽しいことにお金を使いたいと思うのである。うーん。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る