So-net無料ブログ作成
検索選択

CRCでCUBE Analog 27.5" MTBをクリック [日常]

Chain Reaction Cycles.comでCubeの安売りをやっているという情報を得て、覗いてみたら、なんと50%OFFのものもあり、心を揺さぶられた。私はロードバイク乗りだが、女房が安いMTBを欲しがっていて、探していたのだ。この「安い」というところが重要である。彼女の「安い」の基準は、1万円のママチャリなので、2万円の自転車はもう「高い」のだ。この「安い」の定義を書き換えるのに、半年くらいかかった。最近ようやく、5万円の自転車は、まあまあ安いというレベルまでこぎ着けた。この程度の価格なら、サイクルベースあさひあたりで探せば、適当な自転車があるのだが、それではつまらないし、だいたい格好が悪い。CUBEは国内ではまだほとんど見当たらないメーカーで、希少価値があり、格好も好みだ。まあ、女房が乗る(はず)なので、私の好みは関係無いのだが、整備担当として多少の発言権はあるだろう。で、CUBEの50%OFFで47800円のMTBの登場で、購入意欲が湧いたと言うわけだ。実は送料が15000円もかかるので、決して「安い」わけではないのだが。本当はあと1万円出して、もう一つ上のランクを買った方が、パーツの質が良く、満足感が得られると思ったのだが、残念ながらそれは「高い」とのご判定であった。まあ、仕方あるまい。
なんだかんだで2日間ほど悩んだあげく、とうとうクリックした。それなりに人気だった様で、私がクリックした時には在庫多数だったのに、今はもう売り切れている。クリックしてからもう2日も経つのだが、一向に発送されない。おそらく組立が立て込んでいるのだろう。この大忙しの組立で、どれくらいのクオリティーで納品されるのか、ちょっと楽しみである。さて、GIANTストアよりもしっかりしているのか、いい加減なのか。
そういえば、先日GIANTストアにConductのエア抜きポートを聞きに行った際、入手した情報によれば、Contendのブレーキは組み上がった状態で納品されるようだ。そのため、店頭でConductを組あげる事はほとんど無い様だ。そのため、パーツの在庫も無いらしい。GIANTの自転車も台湾でかなりのところまで組み上げて発送されるというわけだ。で、時々海外仕様(右がリアブレーキ)のものが届くらしい。まあ、GIANTストアがひどいというよりも、GIANTがひどいということなのだろう。さて、CRCはどうか。いや、CUBEか?
早く届かないかなあ

2017.6.20 追記
昨日、ようやくCRCから発送した旨のメールが届いた。発注からちょうど一週間なので、まあ早くも遅くも無いというレベルだろうか。到着予定は23日だそうだ。DHLだ。なかなか豪勢な運送会社だが、バルクな割引料金での契約でやっているのだろう。自転車を国内で発送すると、同じく15000円くらいかかるので、北アイルランドから(発送元が実際にどこかは知らないが)、同じ金額でDHLが運ぶとは思えない。

そういえば、土曜日に上野のワイズロードに寄ってみたが、メーカーから送られてきたと思われる自転車の段ボール箱が路上にいくつも置いてあった。自転車屋でも結局は通販と似たような運送なんだろうなあと、興味深く見ていた。まあ、箱が思ったよりも小さいので、いわゆる7分組なのかも知れない。
そんな折、店の入り口では、お巡りさんに、「ここにこんなふうに自転車を停めて置いたんです」などと熱心に説明している人がいた。一説に寄れば、ワイズロード界隈は、自転車泥棒のメッカだそうだが、さすがに店頭の自転車ラックから持っていくとは、泥棒さんも熟練の技だと、若干感心した。一方、ワイズロードのウエア館から出て来た二人組は、二人分の自転車をワイヤーロックでまとめて路上に停めていたようだが、これは無事だったようだ。なかなか高そうな自転車を2台、よくそんな簡単なロックで停めて置くなあと、これまた感心した。
私はといえば、ロード用油圧ブレーキのスモールパーツは無いかなあと探してみたが、気配も無かった。やっぱり、マイナーな様だ。特にテクトロのパーツは国内での入手が難しいと、GIANTストアのおじさんが言っていた。アキコーポレーションから直接購入するしか無いとか。そんなパーツ、使うなよとか思うのだが。まあ、台湾仲間ということだろうか。私のConductは微妙に調子が悪い。まあテクトロだしなあという感じだ。詳しいレポートはまだ後日。

2017.6.23 追記
DHLの予定通り、23日に届いた。届いたのだが、最後の配送は佐川急便であった。CRCで出荷された後、DHLのトラッキングが素晴らしく、UKからドイツに行き、中国経由で成田に着いて、税関を通過するまで詳細なトラッキングが可能だったが、その後国内配送業者に任せたとなって以降は、一切情報が出なくなった。そこからは佐川急便だった様だが、何時配達予定なのか、一切情報が無い。で、午後6時に帰宅すると佐川の伝票が入っており、再配達の手続きをした。土曜日の再配達を指定したのだが、電話があり、これから持っていくとの事。無事に受け取る事ができた。消費税は3180円だった。まじめな話、DHLは非常に評判が良いので配送に不安は無いのだが、佐川は??である。そもそも、いつ配達されたのか、お知らせが無い。amazonで注文すると、ヤマト運輸が配送して、刻々報告があるし、時間指定もできるので、いつもスムーズに受け取る事ができる。それに対して佐川は、はっきり言って時代遅れである。とはいえ、今回はドライバーの厚意でうまく配送され、無事手元にMTBが届いた。
梱包は結構あっさりで、他の通販会社の手厚い梱包に比べると、不安な感じであった。しかも、段ボール箱よりもちょっと中身の幅が大きかった様で、後輪のQRが段ボールを突き破りかけていた。突き破ってしまうと、傷になるので、ぎりぎりセーフという感じだろうか。もう少し丁寧な梱包でも良かった気がする。というか、最後までDHLが配達したら、こんな事にはなってないだろうと言う感じであった。
cube-analog-arrival.jpg
届いた段ボール箱を開いたところ
QR-rear-analog.jpg
内側の映像。後輪の左側の部分には緩衝材が無く、QRの外側は段ボール一枚であった。で、この部分はこすれてすり切れかけており、よくぞご無事に届いたという感じであった。まあ、自転車は丈夫だねえ。

ともあれ、今回は無事に配送された。今回の価格は5万円台なので、たとえフレームが歪んでいても、それほどショックでは無いが、30万円くらいのロードバイクだったら、結構はらはらの状況だった。うーん、やはり海外通販は怖いかも。
で、ハンドルは完全に外れていたので、それを取り付け、前輪をはめれば完成の状況であった。私は整備はお手の物なので、全く問題無かったが、経験のない人にはちょっとハードルが高いかも知れない。何しろ、どうやって組み立てるか等のマニュアルは、英語の物も何も入っていなかった。いや、そもそも段ボール箱をどうやって開けるかもガイドが無かった。開け方によっては内容物を傷つけてしまうので、日本的には不親切との印象だった。なお、右ブレーキは後輪で、左が前輪の海外仕様だった。CRCのwebページは日本語化されているが、自転車の組立は日本対応していないようだ。まあ、逆でもそれほど大きな問題にはならないかも知れないし、その気になれば、簡単に入れ替えられる道具はそろっているので、私的には問題無いが。
CUBEのMTBフレームはしっかりしていて、その割に軽い印象だ。問題はホイールで、これは相当重そう。でもまあ、そこそこ楽しそうなMTBである。

2017.6.25 追記
CUBEのMTBの整備を行った。まず、ハンドルがでかいので、壁にうまく立てかけられない。我が屋の車に立てかけて、ハンドルがぐるっと回って、車の塗装がごっそり剥がれた。これはスタンドを着けなければなるまいということで、サイクルベースあさひで買って来た。何種類かあったが、アキワールド製の太いフレームにも着けられるというキックスタンドを選んだ。MTBのチェーンステーが幅広で太かったからだ。これが大正解。非常にうまく装着できた。これがだいたい2500円。それとチェーンロックを買ってきた。これが2000円くらい。これで自立できて、鍵もかかるようになったので、お買い物に乗っていける様になった。
ちなみに、ブレーキは左右逆だったので、入れ替えた。当然エアが入るので、エア抜きを行った。Conduct用に道具が買ってあったので、問題無くエア抜きできた。で、しばらく走っていると、どうもスピードが出ない。MTBはこんなものか?と思っていたが、ホイールを回して見るとすぐに止まってしまう。めちゃくちゃ重いタイヤを履いているとは思えない回りの悪さに、よく見たら、ブレーキパッドが当たっていた。調整が不十分だったようだ。前後輪ともこすっていたので、キャリパーの位置調整を行った。その結果、非常に具合良く回る様になった。試乗すると、ずっとスピードが出るようになった。これは楽しい。あと気になるのはタイヤの振れである。前輪を見ているとタイヤがふらふら振れている。これはタイヤのはめ方が良く無いのかと思っていたのだが、よくよく確認すると、どうもリムが振れている。前輪も後輪も5mm程度振れているようだ。確かにディスクブレーキなので、リムが振れていてもブレーキには問題が生じないが、気分が悪い。カタログを良く確認すると、シマノのハブにCUBEのリムとある。どうもシマノハブを使って、CUBEで自作したホイールの様だ。安価な製品なので、おそらく最低限度の調整しかしていないのだろう。この辺に安物感が滲み出している。こうなると、ホイールの振れ取りをしたくなる。通勤用自転車のホイールに振れが出てきたので、道具を買おうかと迷っていたところだが、これは買うしかないかも知れない。
以上、海外通販MTBの顛末である。なお、一箇所アルミの地金の出るほどの傷が付いていた。また、後輪用の油圧ホースをフレームに固定する留め具が3つ付いていなかった。これは結束バンドで代用した。アルミフレームの安物自転車なので、このへんはどうでも良いが、これが高価なカーボンフレームのロードバイクなら、かなり心が乱れたと思う。やはり海外通販はリスクがある。調整不良の部分は、私が調整したので問題無かったが、自分でできない方は自転車屋に持っていくしかなく、余分な工賃が必要になるだろう。しかし、CUBEのANALOGは、基本街乗り用のなんちゃってMTBだが、思った以上にしっかりした作りだ。何となくドイツ製って感じ。これなら、そこそこのダウンヒルに耐えられそうな気がする。ちなみに、車道から歩道に乗り上げる程度の段差であれば、問題無く乗り越えられる。そのくせ、それほど重くなく、それなりに加速する。なかなか楽しいバイクだ。なお、シマノの油圧ディスクはばっちり効く。最高である。あとは泥よけをどうするかだが、これはしばらく悩む事にする。まあ、晴れた街しか乗らなければ不要なので。
実はDefyに付いて来たホイールが余っている。これはそのままAnalogに着きそうな気もする。フレームはそれほど重くないので、軽いホイールを着ければ、面白い自転車になりそうなのだが。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る