So-net無料ブログ作成
検索選択

Defy内装ケーブルコネクタ自作とカラス [日常]

先週の土曜日は医者を予約してしまったので、自転車の整備をした。Conduct Diskブレーキを付けたため、ステムのところから2本の油圧ホースが出て来て、シフトケーブルと干渉しているためだ。前回、適当にとり回したのだが、ハンドルを切ると引っかかるようになってしまったので、修正を試みた。その際、ケーブルグリスの塗布や、すり切れたコネクターの修理等を一緒にやってみた。
ケーブルの内装は前回分解しているので、様子がわかっているが、それでもとっても面倒な作業だ。RDもFDもケーブルを外して、ライナーを通しながらインナーを抜くという作業をやるはずだったのだが、あっけなくリアのケーブルが抜けてしまい、青くなった。しかし、Defyの内装はライナーが抜けてもそれほど大変でなく、簡単に通す事ができた。実はダウンチューブ内のライナーも抜けてしまったのだが、これも簡単に復活した。そういう意味では、やりやすい構造だ。しかし、ヘッドチューブ部からシフトケーブルを入れるところにある金具が非常に具合が悪い。ダウンチューブの途中から入れれば良いものを、ヘッドチューブから入れるので、上に向かってかなりの角度が付いている。しかし、ハンドルバーは下げてあるので、そんなに上からの角度でケーブルを入れる事が出来ない。必然的に、この部分に力がかかり、ケーブルがねじれるし、金具の装着自体が大変になる。特に、金具から先がライナーになるのだが、そのコネクタが小さく、扱いにくいし、RD用はすり切れて無くなっていた。
そこで、今回、先人の知恵を借りて、シマノのシフトワイヤーのアウターケーブルを分解し、中から樹脂のチューブを取りだし、端をライターであぶって溶かし、広げてT字型にして、コネクターの代用品を作った。このチューブの直径はGIANTの純正品よりも太いので、使っていたライナーはささらないのだが、太いシマノのライナーならちょうどぴったりはまる。どうも、シマノのライナーはこの太さに合わせて作っているのではないだろうか。で、このT字型のチューブを金具にはめて、そこにシマノのライナーをつなぐと、非常に良い具合につながった。GIANTが使用しているワイヤーはジャグワイヤー製で、おそらくライナーも同じで、細めである。その太さに合わせて他のパーツができているので、シマノのライナーはきつくて通しにくいが、何とかはまった。おかげでライナーがきつくてずれないので、実はコネクターは無くても大丈夫な感じだが。
ライナーコネクタ.jpg
参考写真。小さなやつが、もともと付いていたコネクター。白いチューブは、わかりにくいが、左側をあぶってつぶしてある。これがぴったり収まった。

日曜日は、早朝5時からリンリンロードに出かけた。途中、眞壁付近のソーラー発電施設で、異様な音が聞こえて、Uターンした。その際その音の原因を撮ったのが、下の写真である。
crow.jpg
画質が悪くて申し訳ないが、ソーラーパネルの上で、カラスが小石を咥えては投げて、パネルのガラスが大きな音を立てていた。一度や2度ではなく、何度も繰り返していたが、突然周りで見守るカラスとともに飛び立っていった。何がしかたったのか、全くわからない。しかしカラス、頭が良いのか悪いのか、良くわからない鳥だ。まあ、その後、リンリンロードを占拠するかの様に、自転車と荷物を道路上に広げて置き、さらに寝っ転がってグターっとしている若者3人に出会ったが、その非常識さと意味不明の行動は、カラスとあんまり変わらないかも知れない。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る