So-net無料ブログ作成

やっぱり油圧ディスクが良いなあ [日常]

先日、TRP SpyreをGIANTのConduct油圧ディスクブレーキに換えて、ほぼいじるところが無くなった、我が愛車Defy advanced 2 (2015)である。この自転車を買った時は、ディスクブレーキである事が気に入らなかった。できれば、通常のリムブレーキのロードバイクにしたかったのだが、ゆっくりと長距離を乗って心肺機能を高めるのが目的で、デザインはともかく安価で作りがしっかりしたメーカーで、と選んだらDefyになってしまった。で、Defyのカーボンフレームは全車ディスクブレーキ仕様だったというわけだ。最初から油圧にする選択肢もあったが、そこまで高額のバイクを買う勇気も無く、Advanced2に落ち着いた。で、買ってみたら、いろいろ気に入らなかったと言うわけだ。
いまでも、ディスクブレーキは賛否別れるとこの様で、結局現在リムブレーキのロードバイクに乗っている人はディスクには換えたくないと考えている様だ。それを正当化するために、いろいろデメリットを並べる。もちろん、たくさんデメリットがある。しかし、一般のお金の無い庶民のロードバイクとして、油圧ディスクというのはひとつの有力な選択肢だと、いまは思っている。ワイヤー引きの機械式は、ロードバイクでは論外だ。フラットバーならOKだと思うが。ブラケットポジションで、通常の握力でブレーキをかけるなら、Spyreはやはり力不足だった。以前にも書いたが、これを軽く引けるような構造にすると、長いダウンヒルの途中でパッドのクリアランス調整をする事になりそうだ。これが生じない程度にクリアランスを稼ぐには、引きの重いブレーキにするしか無くなる。リムブレーキの利点は、なんと言っても最外周で挟める事で、クリアランスが大きくても十分な制動力が確保出来る。軽量化可能で良いことずくめだが、問題点がひとつ、リムの損傷だ。アルミでもカーボンでも良いが、結局リムを締め付けて制動するわけで、かならずリムが痛み、減ることになる。リムが痛むとブレーキの効きも悪くなる。そうなれば、ホイールを買い換えるしか無くなるというわけで、ホイールをブレーキとして兼用するシステムの欠点がそこにある。リムの状態は、結構変化しやすいので、常に同じフィールで制動できる訳では無い。それも若干のストレスになり得る。ディスクブレーキの本質は、ブレーキとホイールの役割を分離することにある。ローターが減ったら、ローターだけ交換でき、ホイールはそのまま使えるところが利点だ。交換できるから、ローターはばりばり削れてもかまわない。だから、摩擦係数の高いパッドで思いっきり挟む事ができる。ローターはただの板なので、かなりの力で挟んでも変形しにくい。一方、リムは中空の構造なので、むちゃくちゃ強い力で挟むと変形してしまうはずで、自ずと制動には限界がある。また、スポークが緩むため、リムには徐々に振れが発生し、ブレーキシューとのクリアランスを一定に保つ事も困難となる。
こう並べると、どうしたってディスクブレーキの方が都合が良いのだが、いくつか譲れない欠点がある。第一番目が危険性だ。薄い金属の板が剥き出して装着されている現在のロードバイクでは、非常に接近して走行する事のあるロードバイクでは危険だ。カバーを付ける必要がある。レースで転倒した際にローターでけがをしたとかしないとか、もめているようだが、危険であることは異論が無い。次の問題は重さである。リムがブレーキを兼用しているのを、ブレーキ用に別の部品を付けるのだから、どうしたって重くなる。これは当然の事で、避けがたい。軽さ命なら、ディスクブレーキの選択はあり得ない。(レース機材の開発では、すでに軽量化が規定重量を凌駕しているため、逆にディスクブレーキ化する余地があるわけだが)
ディスクブレーキ対応のホイールが少ないのが問題とかいう意見もあるが、そんなもの、何本か良さそうなホイールがあればそれで十分で、そんなに選択肢はいらない。そもそも、10万円以上のホイールを何本も買う人はそんなにいないと思うし、そういう人は自転車も何台も持っているので、どっちが良いかと悩む必要も無い。両方買ってみれば良いだけだ。だから、高額のホイールの種類が豊富かどうかはあまり問題では無い。安くて具合の良いホイールが何本かあれば、それで十分だ。で、実際Zonda DBも出たことだし、もうこれくらいで良いのでは無いかと思う。
結局、軽量化命(ヒルクライマー)やレース参加者は、当然リムブレーキとなり、それ以外の一般ユーザーはディスクブレーキの方が利点があると思う。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る