So-net無料ブログ作成
検索選択

不動峠開通&梅林のカフェでブルーベリースムージー [日常]

同僚から、不動峠開通のニュースを聞いた。「ひるくらいむ」のフェイスブックを見ると、確かに開通したようだ。早速宮田氏にメールすると、なんと早速つくばに来ると言う。というわけで、今日は早朝から不動峠に向かった。
大池の前の電光掲示板にはまだ通行止めの表示が出ていたが、確かに表不動は開通していた。裏不動はまだ開通していないので、通り抜ける事ができない。それが電光掲示板が「通行止め」の理由かも知れない。駐車場でくつろいだあと、久しぶりに不動峠のタイムアタック。久しぶりに登る不動峠はやはりかなり斜度が緩く、高速コースであることがわかる。この坂では32Tは使う必要が無かった。しばらくの林道コースの練習で筋力は付いた気がしていたのだが、不動峠のタイムが縮む事は無かった。結局18分20秒で、過去の最高記録と同じであった。当然の事ながら死にそうになったので、不動峠でしばし休息。その後、再びつつじヶ丘までタイムアタック。今度は最高記録が出て、26分20秒であった。合計すれば、45分程度でなかなかの記録だが、もちろん途中で休憩しているので、たいした記録ではない。しかし、今回気がついたのは、ツールドつくばのコースを攻略するなら、序盤の不動峠は体力を温存し、中盤のスカイラインでタイムを縮めるのが効率が良いように思う。アップダウンの多いコースなので、うまくスピードを調整するとタイムが大きく縮む。まあ、大勢で走ると思うようには走れないのだろうが。
さて、二人してつつじヶ丘で疲れ果てたのだが、どうせなら尾根道まで行ってみるかと言う事で、筑波山の裏側におりて、きのこ山に向かった。300メートルほど下って、300メートルほど登るルートだ。きのこ山の山頂にはハンググライダーの離陸場所があるのだが、これまでここを使っている人を見たことがなかった。しかし、今日は風向きが良かったのか、数名の方が来ており、運良くパラグライダーの離陸を見ることができた。1歩踏み出しただけでパラシュートが開き、2歩目でパラシュートが上にあがり、数歩引っ張ると体が浮いた。見ていると簡単で気持ちよさそうだが、しばらくすると上空に上がっていく。高所恐怖症の私には一生なじめないスポーツだと思う。
さて、それ以上尾根道を進むと岩瀬まで行くことになるので、そこで引き返し、真壁に降りた。旧真壁駅ちかくのお店で名物のおにぎりを買い、休憩所でいただいた。ここで長時間のおしゃべり。そこから帰路についたのだが、再びつくし湖から梅林に登ってみるかという事になり、つくし湖に向かった。このコースは不動峠閉鎖の際の代替コースに良いと思ったのだが、登ってみるとやはり斜度がきつく、ここでは32Tの出番が多かった。体力の限界を感じながらどうにか登り切って、獲得高度1400メートルとなった。梅林側に降りて、カフェに向かった。このお店は入った事が無かったが、入ってみて驚いた。コーヒーが100円、ブルーベリースムージーが200円と激安である。コーヒーはドトールコーヒーだそうで、同じ100円でカフェラテなどもあり、バリエーション豊富だ。観光地でこの価格はすごい。お勧めである。
omotenashi-cafe.jpg
つくばおもてなしカフェのメニュー

ここでしばらくくつろいだあと、県道を下って帰路についた。最後に「ひるくらいむ」で何か食べて帰るかとむかったのだが、あいにくの満席で、その近くにある「名無し」とかいうラーメン屋でラーメンを食べて帰った。一人で走るときは、ひたすら走って、さっさと帰るのだが、今回は何度も長時間の休憩でだべっていたので、かなり時間はかかったのだが、久しぶりに楽しいライドとなった。朝6時30分に家を出て、帰宅したのは午後3時過ぎであった。さすがに疲れ果てた。
こんなに疲れても、ビールは飲まないのであった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る