So-net無料ブログ作成

不動峠、4月開通か? [日常]

最近忙しく、週末も仕事だったが、この連休でようやく時間ができて、いざ自転車にと思ったら、疲れがどっと出て、結局月曜日まで乗れずにいた。ようやく少し元気が出たので、筑波山まで行って来た。いつも通り、工事の進捗を確認に不動峠入り口まで行って見ると.....以前は無かった看板が出ていた。(以前から通行止めの看板が立てられており、それを無視して通る人を非難するコメントがネットで良く見られたが、そもそも誰が立てた看板なのか明示されておらず、法的拘束力があるのかどうかも怪しいものであった。)今回の看板は、補修工事に関する公示の看板である。同じく通行止めの看板があるが、これは工事請負会社か茨城県によるものだと思われる。以前の看板よりは、多少ましか。まあ、それはさておき、工事期間が重要で、3/30で終了するとある。これが信じられるなら、4/1にはもう登れることになるのだが。この看板がどれだけ信じられるかという問題がある。3/30というのは、おそらく今年度の予算で工事を行うという意味であり、納期が3/30に設定されているということであろう。しかし、実際の工期は延びる事が多々あると思われるので、実際に4/1に来ても登れる確率は高くないと、私は思う。まあ、4/1は丁度土曜日だし、多分私は行くとは思うが。
Fudo-20170320.jpg
不動峠入り口の看板

と言うわけで、不動峠は今日も通れなかったので、林道を通ってつつじヶ丘まで登って来た。数週間ぶりのヒルクライムのためか、足は結構元気で、比較的気持ち良く登ることができた。(ペースは遅かったが)調子が良かったので、帰りは県道を降りて途中から梅林を登ろうと思ったのだが、梅祭り真っ盛りの様で、入り口で車両通行止めとかで止められてしまい、あきらめて降りて帰って来た。自転車でおりて来るやつがいたので、実際には通れるのだろうが。
というわけで、今日はやや元気なまま帰宅した。ちなみに165mmのクランクにはもう違和感が無くなった。考えてみれば、クランク長が長い方が軽く漕げるなどというのは幻想に近い。足の骨、関節、筋肉等と共に一つの駆動機として機能しているわけで、そのなかでクランク長だけ長くしても何の役にも立たない事は明白である。全体の構造を最適化するのが良いわけで、そういう意味ではクランク長はもっとバリエーションが必要なのだと思う。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る