So-net無料ブログ作成
検索選択

タミフル [問題提起]

タミフルによる異常行動が問題視されている。しかし、短絡的な判断は危険である。

今日のニュースによれば、インフルエンザの患者でない子供にタミフルを処方した結果、異常行動が観測されたため、異常行動はインフルエンザそのものによるものではなく、やはりタミフルの副作用ではないかという意見がだされ、厚生労働省の見解に対する反発が強まっている。しかし、高熱であれば、別にインフルエンザウイルスでなくても、幻覚や異常行動の可能性は残ると思われる。タミフル自体の副作用を見るなら、高熱を発症していない健常者に処方して、その結果を見る必要があろう。異常行動に高熱が必須であるなら、実際のところはどうであっても、タミフルとの因果関係を立証するのは困難である。

そもそも、タミフルとは、インフルエンザを即座に完治する薬ではなく、ウイルスの増殖を抑えることしかできないはずである。老人や幼児のように、体力の無い初期のインフルエンザ患者の危険回避に処方するべき薬であるはずである。事実、先日私の息子がインフルエンザの疑いがあった際、主治医はインフルエンザウイルスの検査を打診したが、その効能について訪ねてみると、インフルエンザとわかれば、タミフルを処方する事になるが、特に現時点で症状が危険でなければ、処方の必要はないだろうという事であった。つまり、検査自体が必要ではないという見解であった。タミフルだけでなく、検査も費用がかかる。処方がさほど有効でないなら、そもそも必要のないものなのだ。

風邪やインフルエンザはウイルスによる病気であり、基本的に特効薬は無い。自身の免疫で病気を克服するしかない。しかし、「風邪には○○が効く」などというコマーシャルがまかり通っているために、多くの人々が風邪薬なるものがあると思いこまされている。それ故、医者に行けば風邪薬をよこせと言う。医者も困るが、検査や薬の処方は収入につながるから、口ではいろいろ言うものの、なにがしかを処方する。以前は、抗生剤を気休めに処方していた。しかし近年、風邪に対する抗生剤の処方を自粛するように指導が出た。こうなると、解熱剤くらいしか処方できない。隣接する薬局も困るというわけで、タミフルに飛びついたのではないかと思われる。高熱の患者が来たら、タミフルを処方する。患者も喜び、医者も儲かり、薬局も助かるという構図だ。

人々の行動はいつも極端で、今度はタミフルを悪者扱いしかねない。いざというときに頼りになる薬であり、高熱に耐えられない患者には非常に貴重な薬である。慎重な行動が求められている。

そもそも、異常行動による死者が出たことを理由に、十代の患者への処方を禁止するなど、対応がおかしいと思う。タミフルによる異常行動で命を落としている例は、多くが飛び降りと道路への飛び出しであろう。少なくともこれまでの例では、わざわざ近くのビルに上ってから飛び降りた例はない。多くは、住んでいる家がすでに高い位置にあり、その階段等から飛び出して転落している。このルールが守られるとすれば、気を付けるべきは、高層住宅に住んでいる人々である。平屋住まいは、それほど恐れる必要はないのではないだろうか。
こういった考え方は反発を感じる人も多いだろうが、こう考えてくると、ふと気が付くのである。最近のマンション等の高層建築は、常識はずれに高い。高所恐怖症でなくても、もし床がガラス張りであったら、足がすくんで歩けないような高さに人々は住んでいる。これは、やはり異常な事なのではないだろうか。高層マンションに住む子供が高所に恐怖を覚えなくなる傾向があるという発表がずいぶん前にあった。そういった住環境による感覚の異常と、タミフルによる異常行動の被害には、関連があるような気がする。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る