So-net無料ブログ作成

クエン酸 [くだらない話]

美肌水というのが、有名だ。私の兄もはまっており、私もなかなか良い物だと思っている。要するに尿素の水溶液にグリセリンを加えただけのものだが、なにしろ安いのが良い。先日オープンした山新グランドステージという店では、10kg入りの尿素が1200円くらいだったように記憶している。それだけあれば、一生もので、あとは少々のグリセリンと水道水で作れるものだ。実際に使ってみるとなかなか具合が良く、評判になるのもわかる。
で、この美肌水を発表したのはちゃんとした医者なのだが、面白い人で、別の書籍で美肌石けんや美肌リンスなどを紹介している。そこでは、尿素の他にミョウバンやクエン酸が登場する。どれもスーパーや薬局で安く買えるもので、自宅でいろいろ作っては、それを使ってお肌のトラブル解消という、企画だ。クエン酸はリンスに使う。石けんはアルカリ性なので、石けんで髪を洗うと、カパカパになってしまうが、それなら酸性の液で中和すれば良いというわけだ。クエン酸は、てもとの薬品カタログを見れば載っているから、簡単に買えそうだが、それは研究所の中の話で、一般にはさてどこに売っているのかと思っていたが、近所の薬局に行ったら、あっさり購入できた。で、首尾良くリンスを作って試したのだが、本題はリンスの話ではない。
一通り遊んだあとで、クエン酸の瓶を見ていると、食えないとは書いていないことに気が付いた。そう言えば、米不足でタイ米を大量に輸入した際、米の表面に硬い皮膜のあるタイ米の食感が日本人に受け入れられなくて、大量に余ったことがあった。そのときの対処法が、薬局でクエン酸を買ってきてタイ米をその水溶液に漬けろというものだった。皮膜はクエン酸に溶けるらしく、クエン酸で処理したタイ米はジャポニカ米と似た食感になるらしい。(実は我が家はタイ米を結構食べたが、そのままの食感を楽しんだので、これはやっていない)
要するに、クエン酸を何か食用に使えないかと考えたのだ。で、とりあえず水に溶かしてなめてみた。するとどうだ、レモン汁の味がするではないか。これはいける。そういえば、沖縄のもろみ酢も主成分はクエン酸じゃなかったかな。これは健康にいいはずだ。(後でwebで調べたら、でてくるでてくるうさんくさいページが山ほど)というわけで、飲んでみた。少し飲んだらレモン汁の味だったが、たくさん飲んだら、のどがひりひりして、あまりおいしい物ではない。砂糖を入れてみたり、牛乳を入れてみたり(固まるかと思ったら、固まらなかった。やっぱり果物の酵素が無いと固まらないのか)と、いくつか試したが、どれも決め手にならなかった。いやー、おいしくない。
で、それでクエン酸の話は終わりかと思ったが、それからしばらくして血圧を測ってみて驚いた。見事に下がっていたのだ。最近、血圧が高くなっていたのだが、正常値になっていた。ずいぶん久しぶりの事だ。いろいろ調べると、クエン酸で血圧が下がることは無いらしい。しかし、血行を良くする等の効果は期待され、その結果肩こりが治ったりして副次的に血圧が下がることがあるそうだ。今回のことは、おそらく偶然もあっての事だろうが、いずれにしても悪くない。
のどや食道には刺激的で、クエン酸を飲んだ後は、何かで洗い流さないと炎症を起こす感じだが、胃の中にはもともと胃酸がはいっているので、クエン酸程度の酸では問題ないらしい。酸っぱいのを我慢して飲むと、少し体調が良くなるというのは、健康オタクの心をくすぐるパターンだ。これはしばらくはまるかも知れない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る